連休の最終日、西尾市の万灯山へ。昨年は10回ほど登ったでしょうか。今年は初。
c0205205_20261563.jpg
山はまだ虫が少なくて助かりました。
c0205205_20332661.jpg
わずか15分ほどで山頂へ。ここは手軽なのに、見晴らしがよくて、好きな場所です。

c0205205_20332619.jpg
その後は、幸田町のカフェ「hidamari」さんへ。

オーダーストップ間際にお邪魔したせいか、店内貸し切り。落ち着いて考え事ができました。

写真右はあずきクリームのミルクパン。とってもおいしかった。
程よい甘さと滋味深さが身体に染みていって、心がみるみる落ち着いていきました。

お店の内装、料理のセンス、提供してくださるお店の方の気持ち。どれもが素晴らしいと感じました。
c0205205_20332682.jpg
ステキなお店です。とっても気に入りました。

[PR]
# by m-umaimon | 2015-05-06 20:44
長野県上伊那郡中川村にある、「陣馬形山」に登ってきました。山頂まで1時間ほどの登山。

c0205205_10431121.jpg
雲が晴れたら、中央アルプスの稜線がきれいに見えるのですが、この日はちょっと残念。

c0205205_10431086.jpg
登山道にお花はほとんどなく、このきれいな紫色の花がところどころに咲いているのみ。
→花の名前は「コバノミツバツツジ」と教えていただきました。


c0205205_11141271.jpg

下山後はふもとのステキカフェでアイスを。おいしかった♡

c0205205_10431027.jpg
なだらかで、とても登りやすい山でした。



[PR]
# by m-umaimon | 2015-05-06 11:17 | その他
突然の長期休業で、このブログを楽しみにご覧頂いていたみなさんには、大変申し訳ありませんでした。

年明けから仕事が忙しくなり、パソコンに向かう時間が取りづらくなっていました。
今日はようやく重い腰をあげまして、長い間、更新できずにいるブログとホームページを今後どうしていくのか、みなさんにお知らせいたします。

まず、ホームページは閉鎖します。
7月末をもって、閉鎖したいと思います。
トップページはそのまま残し、このブログへのリンクなど一部コンテンツは残しますが、お店の紹介ページは削除するつもりです。

また、このブログの方は、とりあえずそのまま残そうと思っています。ただ、今まで数ヶ月も更新できずにいたくらいですから、今後も更新はまばらになると思います。今後はおいしいお店の記事だけでなく、僕の普段の日常の記事も交えていくかもしれません。

ホームページは1997年から約15年間と、本当に長い間お付き合いくださってありがとうございました。
ブログの方も、このままフェードアウトしないように、たまには記事を書いてみなさんに生存をお知らせしたいと思っております。
[PR]
# by m-umaimon | 2012-06-19 20:52 | その他
もう1ヶ月も前の記事になります。
家族で豊橋市のアイタル食堂に行ってきました。

少し前より、スタッフが以前の2人体制から1人になり、お店の名前も変わったりして、いろいろと試行錯誤されている様子でした。アイタル食堂は大好きなお店なので、お店の様子に変化がある度に、気になりつつも、なかなか足を運べない日々。それからお店の名前が以前と同じアイタル食堂に戻り、料理もどこか以前と同じ気配を感じるようになって、素直に「行きたい」と思ったら、ちょうど行くことが出来ました。僕の趣味に付き合ってくれた家族に感謝です。
c0205205_22523541.jpg
c0205205_2253148.jpg


さて、この日はお手軽なランチをお願いしました。子供たちは大好きなスパゲッティ。
c0205205_22535521.jpg
塩麹漬け天然つばすのトマトソーススパゲッティ
c0205205_22545355.jpg
サラダもついてきました。

一方、大人チームはこのお店の玄米ご飯が食べたくて、ご飯がついた定食を注文。
c0205205_2256139.jpg
ご飯はさつま芋の玄米ご飯
c0205205_22562845.jpg
メインはいわしの梅煮
c0205205_22575782.jpg
粕汁

料理は、以前よりも発酵食品により傾いた感じでしょうか。
肉や魚は、ほとんど麹につけ込んで提供しているそうです。

ちょっとワイルドになりましたね。
そして、よりマニアックに。個性がよりはっきりした感じです。

これは「生命を育む食事」という感じだあ。
身体がすごく、喜んでいます。

僕は、たまには名古屋のラグジュアリーなレストランにも行くけど、基本的には、アイタル食堂のような、身体が喜ぶお店の方に魅力を感じる。というか、身体が強く求めている。身体が求めるその引力は、どんどん強くなってきていて、高級なレストランへの興味も段々薄れつつある。

やっぱり、好きです。アイタル食堂。愛している、と言ってしまおう。
こういう食事に囲まれて、暮らしていきたいなあ。

c0205205_2372145.jpg
これは小豆と麻の実のケーキ。このお店の珈琲ととてもよく合いました。珈琲の味も、以前と変わりましたね。舌への刺激よりも、身体への刺激の方が強烈で、まず、身体がウキウキと反応してから、舌ではなく、身体を通して脳においしさが伝わっていくといった感じでした。こんなに身体の細胞が反応する珈琲も珍しい。

僕にすごくフィットするお店です、アイタル食堂。また行きますね。
[PR]
# by m-umaimon | 2012-01-19 23:11 | 豊橋市
つい先日、久しぶりに妻と2人でデート。
刈谷市にあるビールがおいしいビストロで飲んでいたのですが、〆のデザートがこの日は用意がないとのこと。夜遅くにおいしい珈琲を求めて、夫婦2人、車で1時間かけて、蒲郡までドライブしてきました。

伺ったのは、JR蒲郡駅からすぐのところにある、こじんまりしたお店「喫茶スロース」さんです。

メニューは珈琲と、お酒が少々。
食事メニューはありません。デザートも、ちょっとした焼き菓子ががあるくらい。

座席はカウンターが6席くらいと、小さな2人掛けのテーブルが1つ。
とてもこじんまりした空間に、アナログなレコードの音色と、おいしそうな珈琲の匂い。そんなお店のカウンターに腰を落ち着けた瞬間、「あ、このお店、好きだ。」って、僕の予感が告げていました。

まず注文したのは、ハワイコナのネルドリップ。
ちょっと、いいお値段だったけど、僕の身体が、「これがいいよ」って教えてくれていました。
c0205205_22321212.jpg

やってきた珈琲に目をおとしたとき、その澄み切った色合いがあまりにも美しくて、しばらく、じっと見つめていました。深い、深い、そして美しく澄んだその色合いは、じっと見つめていると、吸い込まれていきそうでした。(この写真では、その美しさがあまり表現できていなくて残念です)

口にしてみると、おいしいというより、すごいという感じ。何がどうすごいのか、表現しようとすると 僕の表現力では何だか残念なことになりそうな気がして、ちょっと躊躇(ちゅうちょ)します。

妻に感想を求めると、「珈琲じゃないみたい。」と言っていました。僕は珈琲の範疇ではあると思うけど、今まで感じたことのない、伸びやかさを感じました。しなやかさ、若さ、力強さ、そして自由。この珈琲にはそんな、魅力的な味わいが隠れているような気がしました。

c0205205_2314443.jpg
こちらは、妻が注文したウィンナー珈琲

僕は、珈琲がおいしかったのと、甘いものも欲しかったので、アフォガードも追加で注文。
c0205205_2325372.jpg
これが、めちゃめちゃおいしかった。今まで食べたアフォガードの中でも、記憶に残る味わいでした。また食べたい。

やっぱり、椅子に座ったときの予感のとおり、とってもお気に入りのお店になりました。

珈琲が好きな人はぜひ、あまり期待せずに(ここ大事です)味わいに行ってみて欲しいと思います。
[PR]
# by m-umaimon | 2012-01-15 22:26 | 蒲郡市