<   2012年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

もう1ヶ月も前の記事になります。
家族で豊橋市のアイタル食堂に行ってきました。

少し前より、スタッフが以前の2人体制から1人になり、お店の名前も変わったりして、いろいろと試行錯誤されている様子でした。アイタル食堂は大好きなお店なので、お店の様子に変化がある度に、気になりつつも、なかなか足を運べない日々。それからお店の名前が以前と同じアイタル食堂に戻り、料理もどこか以前と同じ気配を感じるようになって、素直に「行きたい」と思ったら、ちょうど行くことが出来ました。僕の趣味に付き合ってくれた家族に感謝です。
c0205205_22523541.jpg
c0205205_2253148.jpg


さて、この日はお手軽なランチをお願いしました。子供たちは大好きなスパゲッティ。
c0205205_22535521.jpg
塩麹漬け天然つばすのトマトソーススパゲッティ
c0205205_22545355.jpg
サラダもついてきました。

一方、大人チームはこのお店の玄米ご飯が食べたくて、ご飯がついた定食を注文。
c0205205_2256139.jpg
ご飯はさつま芋の玄米ご飯
c0205205_22562845.jpg
メインはいわしの梅煮
c0205205_22575782.jpg
粕汁

料理は、以前よりも発酵食品により傾いた感じでしょうか。
肉や魚は、ほとんど麹につけ込んで提供しているそうです。

ちょっとワイルドになりましたね。
そして、よりマニアックに。個性がよりはっきりした感じです。

これは「生命を育む食事」という感じだあ。
身体がすごく、喜んでいます。

僕は、たまには名古屋のラグジュアリーなレストランにも行くけど、基本的には、アイタル食堂のような、身体が喜ぶお店の方に魅力を感じる。というか、身体が強く求めている。身体が求めるその引力は、どんどん強くなってきていて、高級なレストランへの興味も段々薄れつつある。

やっぱり、好きです。アイタル食堂。愛している、と言ってしまおう。
こういう食事に囲まれて、暮らしていきたいなあ。

c0205205_2372145.jpg
これは小豆と麻の実のケーキ。このお店の珈琲ととてもよく合いました。珈琲の味も、以前と変わりましたね。舌への刺激よりも、身体への刺激の方が強烈で、まず、身体がウキウキと反応してから、舌ではなく、身体を通して脳においしさが伝わっていくといった感じでした。こんなに身体の細胞が反応する珈琲も珍しい。

僕にすごくフィットするお店です、アイタル食堂。また行きますね。
[PR]
by m-umaimon | 2012-01-19 23:11 | 豊橋市
つい先日、久しぶりに妻と2人でデート。
刈谷市にあるビールがおいしいビストロで飲んでいたのですが、〆のデザートがこの日は用意がないとのこと。夜遅くにおいしい珈琲を求めて、夫婦2人、車で1時間かけて、蒲郡までドライブしてきました。

伺ったのは、JR蒲郡駅からすぐのところにある、こじんまりしたお店「喫茶スロース」さんです。

メニューは珈琲と、お酒が少々。
食事メニューはありません。デザートも、ちょっとした焼き菓子ががあるくらい。

座席はカウンターが6席くらいと、小さな2人掛けのテーブルが1つ。
とてもこじんまりした空間に、アナログなレコードの音色と、おいしそうな珈琲の匂い。そんなお店のカウンターに腰を落ち着けた瞬間、「あ、このお店、好きだ。」って、僕の予感が告げていました。

まず注文したのは、ハワイコナのネルドリップ。
ちょっと、いいお値段だったけど、僕の身体が、「これがいいよ」って教えてくれていました。
c0205205_22321212.jpg

やってきた珈琲に目をおとしたとき、その澄み切った色合いがあまりにも美しくて、しばらく、じっと見つめていました。深い、深い、そして美しく澄んだその色合いは、じっと見つめていると、吸い込まれていきそうでした。(この写真では、その美しさがあまり表現できていなくて残念です)

口にしてみると、おいしいというより、すごいという感じ。何がどうすごいのか、表現しようとすると 僕の表現力では何だか残念なことになりそうな気がして、ちょっと躊躇(ちゅうちょ)します。

妻に感想を求めると、「珈琲じゃないみたい。」と言っていました。僕は珈琲の範疇ではあると思うけど、今まで感じたことのない、伸びやかさを感じました。しなやかさ、若さ、力強さ、そして自由。この珈琲にはそんな、魅力的な味わいが隠れているような気がしました。

c0205205_2314443.jpg
こちらは、妻が注文したウィンナー珈琲

僕は、珈琲がおいしかったのと、甘いものも欲しかったので、アフォガードも追加で注文。
c0205205_2325372.jpg
これが、めちゃめちゃおいしかった。今まで食べたアフォガードの中でも、記憶に残る味わいでした。また食べたい。

やっぱり、椅子に座ったときの予感のとおり、とってもお気に入りのお店になりました。

珈琲が好きな人はぜひ、あまり期待せずに(ここ大事です)味わいに行ってみて欲しいと思います。
[PR]
by m-umaimon | 2012-01-15 22:26 | 蒲郡市
近くに用事があったので、一人でふらりと、ラーメンの「昭和呈」に行ってきました。

ここは常滑市南部の田舎に、ポツンと立地するラーメン店。
他のお店ではなかなか味わえない、個性的で、旨みたっぷりの超!うまいラーメンを食べさせてくれるお店なのです。
c0205205_22321954.jpg
店構えはこんな感じ。店内は昭和レトロな雰囲気。

このお店は魅力的なメニューが多くて、どれを食べようかめちゃ悩みます。
悩んだ末に頼んだのは、「究極海老そば醤油仕立て」。
c0205205_22334642.jpg
c0205205_22335868.jpg
麺はこんな感じ。細~い、ほぼストレートな麺。

スープを一口、すすってみる。
ラーメンは、まず、スープが楽しみです。

おお~!海老の旨みがすごい!
海老は甘海老でしょうか?さっぱりした醤油味のスープに、ミソもたっぷり溶け出した海老の出汁がズドーン!と口の中に飛び込んできます。それに、少しピリ辛のラー油と、柚子胡椒が混然一体となって、これはもう、ウマイとしか言いようがない!

細かいことを言うと、ラーメンの量は少なめだし、値段も高いし(このお店のラーメンは平均1000円前後)、お店の場所も辺鄙なところにあるしと、とっても客を選ぶお店だけど、とにかくうまいラーメンを食べたい人には、おすすめです。

2月から、お店の定休日(月・火曜)に、新たなラーメンを提供するようですよ。(つまり無休?)
[PR]
by m-umaimon | 2012-01-06 22:27 | 常滑市
ずっと興味があった、豊橋市のイタリアン「カヴォーロ」でランチしてきました。
c0205205_22121819.jpg

ここに興味があったのは、なんといっても、大好きな「山猫軒」の伊藤シェフの味がこのお店で楽しめたからなんですが、伊藤シェフがいなくなって、若い子が1人で切り盛りするようになってからも(この若い子も、伊藤くんらしいです(笑)、やっぱり一度行ってみたかったんですね。

このお店のランチは、いい噂も、そうでない噂も、いろいろ耳にしていましたが、結果、僕には大満足なランチでした。ランチは900円くらいからありましたが、僕は1500円のランチをお願いしました。
c0205205_22141767.jpg
まずはホウボウのマリネ
c0205205_22192821.jpg
出ました!カヴォーロランチ名物の盛り合わせ!すっごく食べ応えもあって、これは楽しい!
c0205205_22202990.jpg
鴨の出汁で炊いた、炊き込みご飯のカレー。すっごく小ぶりサイズですが、これも旨い!
c0205205_22214242.jpg
メインのパスタは3種類からチョイスすることができました。これはラザニア。煮込んだ牛肉がゴロゴロ入ってます。パスタは大盛りも無料なんだって。よっ!太っ腹!
c0205205_22233517.jpg
c0205205_22235274.jpg
一口アイスと、珈琲で〆。

料理は、完全に山猫クオリティですね~。ここはプチ猫軒って感じ。
シェフは1人だったけど、料理の提供スピードはまったく気にならないレベルだし、この料理がこんなお手軽な値段で楽しめるなんて、これはいいね。生ビールもハートランドだし、300円のグラスワインもおいしい。

近くに住んでいる人は、ここは使わなきゃソン!って思うよ。素敵なランチだと思います。ごちそうさま!
[PR]
by m-umaimon | 2012-01-04 22:29 | 豊橋市
明けましておめでとうございます。
今年もみなさんと、僕が「おいしいな」と思ったお店の感想や、楽しかった気持ちを共有していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

改めて、僕が好きなお店や、このブログについて書きたいと思います。

僕は お店で待たされることは、あまり苦になりません。
コストパフォーマンスということも、あまり気にしていません。

お店にいる間、「おいしかったな」「たのしい時間を過ごせたな」
そういう気持ちで過ごせたかどうか、ということを大切にしています。

よく、ファーストフード、スローフードという言葉がありますが、結果的に、僕はスローなお店の方に、いい印象を持つことが多いようです。

でも、「スロー=OK」「ファースト=NG」とは思っていません。ファーストの良さも、僕なりに理解しているつもりです。ただ、僕の今の環境が、スローを楽しませてもらえる環境にあり(スローが好きでも、楽しめない環境の方も多いはずです)、そして僕の嗜好も、たまたま、スローを好む嗜好である、ということだと思っています。

味覚や嗜好って、極々個人的なものだと思うので、僕の嗜好と合わない方は大勢いらっしゃると思います。また、僕はお店の情報についても、このブログ上で事細かく記事にしていこうとは思っていません。大抵のお店の情報は、ネットで調べることができると思います。そういうことは、他のブログなどにお任せしたいと思っています。(そもそも、なんでもスピーディに調べられることが、必ずしもいいとは思っていません)

間口の狭い、自分勝手なブログですが、こんなブログでもお付き合いしてくださっているみなさんとは、これからも深く、お付き合いしていきたいと考えていますので、どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by m-umaimon | 2012-01-03 22:50 | その他