<   2009年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

日曜日のお昼、家族で食事にでかけることになりました。
僕は昨晩はイタリアンだったので、今日はさっぱりと「蕎麦かうどんがいいな~。」と言ったところ、小2の娘1は「ピラフが食べたい!」とのこと。

仕事に行っていた妻が帰ってきてから、どこのお店に行くか、家族であーだこーだと、けんけんがくがく。
雑誌「ティーワン」の中から妻が選んだお店は、どーいうわけか和食でも洋食でもない、刈谷市でおいしい野菜を使った料理を提供しているお店、「コクア」でした。確か、あのお店のランチって、パスタがメインだったんじゃ・・・。オレ、昨日もイタリアンだったんだけど・・・(^^;

「コクア」には、開店して割と間もない頃から何度もお邪魔していて、今日で5回目くらいの訪店。

おろ?お店の入り口にイタリアの国旗がかかっている?
店内に入ってメニューを見てみると、おおっと、料理の内容はカンペキにイタリアンじゃん。以前は玄米ご飯のランチもあったはずなのに・・・。イタリアンからできるだけ遠いものが食べたかった僕としては残念ガックリ。しかも、魚料理がアクアパッツアって、昨日とモロかぶりじゃん!

そんなこんなで、いただいたのはこんな料理。
c0205205_2326217.jpg
c0205205_23263323.jpg
c0205205_23264696.jpg
c0205205_2326573.jpg


写真はありませんが、これにカップに入ったスープがついて、1500円。
ボリュームと値段で考えると、お得というランチの内容ではない。
でも、料理はとってもいいです。
どの料理も1品づつ、手をかけて作っていて、しかも今できたばかり、というおいしさ。
そして、相変わらず、ここの野菜はおいしい。愛情を込めて作られているのがじんわりと伝わってきたよ。
連続イタリアンで、イマイチ気分が乗っていなかった僕も、おいしい料理にテンションアップ!我ながら現金です^^;

店内には、素材へのこだわりが大きな黒板いっぱいに書いてあって、ちょっとストイックな感じや、大上段に振りかぶった感じが気にはなるけど(←おまえが言うな!って突っ込まれそうですが)、料理自体はモロに僕好み。それに、以前は「素材にこだわった無国籍料理のお店」という感じだったけど、イタリアンに絞ったことでお店の方向性もハッキリして、いいと思います。

刈谷市なら我が家からそう遠くないし、また行こっと。
c0205205_2346343.jpg

[PR]
by m-umaimon | 2009-09-27 23:27 | 刈谷市
雑誌「ケリー」の最新号見ました?
長久手、日進、瀬戸特集。

オシャレで、うまそうなお店がたくさん紹介されていましたね~。
その中でも、料理の写真がとびっきりおいしそうに写っていたのが、日進市のイタリアン「フルッターレ」。パスタがアップで写っていた、あの写真!ちょ~うまそうに写っていて、破壊力満点!ちょうど長久手に来ていたので、夜に1人でお邪魔してきました。

実はこのお店の場所は、同じイタリアンの名店「Waina」と目と鼻の先!こんな近くに、同じイタリアン?挑戦的とも言えるこの立地に、「フルッターレ」への興味は高まります。

お店の方に伺ったところ、開店して1年くらいだそうです。
店内は白色と、肌色の木目の組み合わせで、ナチュラルで、清潔感あふれる内装。
僕はカウンターに座りましたが、まだ木の香りがほのかに感じられました。木の香りっていいね~。気持ちが和みます。

さて、夜のコースは2400円と気軽な価格設定のコースが1本。ワインも手頃な価格設定。
でも1品1500円前後の価格帯で、アラカルトがとても充実しています。僕はアラカルトで注文しました。いただいた料理はこんな感じ。
c0205205_10495458.jpg
c0205205_1050761.jpg
c0205205_10501811.jpg
c0205205_10502879.jpg
c0205205_1050383.jpg


パスタは、ケリーに写っていたものと同じ、「和牛のたっぷり玉葱煮込み 自家製ピーチ(ピーチは麺の名前)」。ケリーの写真の方が、10倍おいしそうに写ってます。さすがプロですね~。

料理を食べてみて分かったけど、「Waina」とは料理の方向性が全然違います。
「Waina」は野菜を中心に素材重視で、シンプル・さっぱり目な味付けなのに対して、このお店は塩っ気と旨みが強くて、ワインが進む味付け。こりゃ、いいね。「今日はどちらのお店にしよう?」って、気分次第で、同じイタリアンのお店を使い分けられちゃうんだから。日進市民がうらやましいぜ~!

「フルッターレ」はカジュアルな雰囲気の中で、手頃な値段で、本格的なイタリアンを楽しめちゃうお店。このお店に来るときは、酒を飲める体制で来たいですねー。ワインがぶがぶ飲みながら、食べたい料理が目白押しでした。

さっぱり派の僕としては、味付けは好みとは少し違いましたが、接客や料理から、お店の方の熱心さがとてもよく伝わってきました。日進市でイタリアンを食べるときは、「Waina」と「フルッターレ」と選択肢が出来て、悩む楽しみができました。
c0205205_11122599.jpg

[PR]
by m-umaimon | 2009-09-27 10:50 | 日進市
5連休を利用して、豊田市足助町に1泊旅行してきました。
その2日目のお昼ご飯に、旧小原村にある「小原庵」に約8年ぶりに再訪しました。

自宅から片道2時間半もかかるところにあるから、なかなか行けなかったけど、このお店は一発で好きになっちゃったお店。

このお店は、“伝統的な日本家屋”で、“地元の食材を使い“、“丹精込めた料理”を、“手頃な値段”で、“くつろいで”いただけるお店。もう、僕の好きなキーワードが揃いまくり! 古い日本家屋をリノベーションしたお店って、たくさんあるよね。三河だと、幡豆郡一色町の「たまりや料理店」、同じく一色町の「満愛貴」、そしてこの「小原庵」・・・。中でも「小原庵」は、日本の伝統的な美しさを全身で堪能させてくれるお店。


お店の場所は、「和紙のふるさと」に隣接した場所。
(カメラの縦横比の設定を気がつかないうちにさわってしまって、写真が全部横長です^^;)
c0205205_928233.jpg
c0205205_9283472.jpg
c0205205_928438.jpg


料理はこんな感じ。
c0205205_9342079.jpg

c0205205_9393733.jpg

c0205205_9433399.jpg

c0205205_9395378.jpg


僕はこのお膳に並べられた、お料理たちを眺めているだけで、いい気分。
部屋のしつらえ、料理の器、それを運んでくださる奥さんの立ち居振る舞い。
料理だけではなく、その他のあらゆるところから、伝統的な日本の様式美が感じられて、とても気持ちがいい。そういうところも込みで、僕はこのお店が好きなんだ。

さて、お料理の方なんだけど、鮎の塩焼きだけは追加オーダーで、あとは予約がいらないお昼の2100円の料理。内容は地元産の野菜を使ったもので、とても清々しい食べ心地。このクオリティで2100円は安いと思うよ。

特にヒットだったのは、ほぐした鮎が入ったご飯。これはめちゃうまかった!
自家製のおはぎも、もち米のつぶつぶ感がイイ塩梅で、これもおいしい!

このお店がもうちょっと近くにあったら、もっと通うんだけどなあ。
旧小原村に行く機会があれば、みなさんも是非どうぞ。
時間に余裕があれば、前日までに要予約のコース(3000円~)がオススメですよ。
[PR]
by m-umaimon | 2009-09-23 09:28 | 豊田市
お昼にイタリアン、それからおじさんチームで立ち飲み屋に行ったあと、この日のメインイベント、日本酒居酒屋「天に月、地に山」でのオフ会です。

今回の料理はペロ吉さんが猪肉を中心にお願いしてくれました。
その猪肉の提供先は、掲示板でも話題になっていた、新城市の「三河猪家」さん。なんと、お店にはその社長さんもいらしていて、熱い想いをたくさんお聞かせくださいました。

c0205205_948373.jpg

猪のレバーと心臓。僕はレバーが気に入りました。その味わいは鉄分たっぷり!
c0205205_9481614.jpg

猪のタン
c0205205_94826100.jpg

掲示板でも話題になっていた餃子。自分で焼いたものより、はるかにおいしい(苦笑)
c0205205_949927.jpg

猪のジャーキーとカツ。おもしろかったのはカツ。脂身がさっぱりしていて、塩をつけて食べるとウマイ!
c0205205_9492224.jpg

猪の子供、うりぼうの肉を醤油味のタレに1日つけ込んだものの炒め。うりぼうの肉はやわらかくて、これまたウマイ!

やはり、生産(販売)者の方と直接お話しながらいただく料理は、いつも特別なものがあります。
三河猪家 社長さんの純粋な想いが実を結べるよう、僕も微力ながら応援したいと思います。

さてさて。
「天に月、地に山」といえば、このお店でしか呑めない絶品日本酒が楽しみ!今回も珍しい熟成酒をたくさんいただきました。この日はみんなで10種類以上の日本酒をいただきましたが、その中で印象に残ったお酒たちを。照明の関係で見づらい写真があることはお許しください。
c0205205_9394782.jpg
c0205205_940199.jpg
c0205205_9401268.jpg
c0205205_9402314.jpg


何杯か呑んでいるうちに、舌触りが女性の肌を思わせるようなエロティックなお酒がありました。
それからおじさん達はエロエロモードに火がついちゃって、お酒を女性に例えて表現することで大盛り上がり!(笑) 僕の一押しは、東洋美人の山廃熟成酒。例えるなら、「高級キャバクラのNo1嬢」との意見でまとまりました^^

ペロ吉さんのオフ会は、毎回とても楽しませてもらっています。
幹事のペロ吉さん、いつもありがとう!
オフ会に参加したみなさん、どうもありがとう!
この日お会いしたみなさん、どうもありがとうございました!
[PR]
by m-umaimon | 2009-09-20 01:05 | 豊橋市
なんて素敵な響きでしょう。
「立ち飲み屋」。大好きです^^

夕方、晩ご飯を食べる前に、軽く一杯。
深夜、がっつり飲み食いした後、〆にもう1杯。

僕はそんなお店が大好きなんですが、三河ではなかなかそういうお店がありませんでした。

と・こ・ろ・が。
できたんですよ~。そんなお店が。

僕の大好きなお店「硝子の森」のブログで存在を知って、気になっていたそのお店に行ってきました。

お店の場所は、豊橋駅からほど近い、精文館書店本店のほぼ道向かいにあります。
お店は3階建で、1階はスタンドバー、2階はビストロ、3階はパーティスペースとなっています。僕らは1階で軽く飲み食いしてきました。
c0205205_04524100.jpg
c0205205_0453889.jpg
c0205205_0455636.jpg
c0205205_0461394.jpg

料理は立ち飲み屋らしい気軽なものながら、十二分においしかったです。料理のクオリティは文句なし。あと、個人的にはもうちょっと早くから営業してくれると、もっとうれしいんだけどな~^^

レストラン+バー 34
豊橋市広小路町1-34-1
0532-56-3334
17時半~0時(2階は18時~22時半)
※金曜、土曜は閉店時間がもう1時間延びます。日曜、祝日定休

[PR]
by m-umaimon | 2009-09-20 00:46 | 豊橋市
c0205205_0202350.jpg

豊橋市の新名所「アークリッシュ豊橋」
ここのレストランはちょっと、興味があるなあ。

この日は夜から、お友達のペロ吉さんのオフ会。
と、その前に、早めに豊橋入りして、楽しんできました。

まずは久しぶりに、イタリアンの「フラスカティ」にお邪魔してきました。

このお店に初めてお邪魔したのは、もう10年以上前。
当時は、現在とは違う場所で営業していました。初めて「フラスカティ」の料理をいただいた時の衝撃は、今でもよく覚えています。

「な、なんじゃこりゃ~!!!めちゃめちゃうまいじゃん!!!」

イタリアンといえば、チェーン展開しているカジュアルなパスタ屋さんやピザ屋さんに行くことが多かった僕にとって、「フラスカティ」の料理は衝撃のウマサでした。以来、とってもお気に入りのお店となり、2~3度訪店したところで、お店は現在の場所に移転。

移転直後はカフェ営業もしていて、レストランとしても現在とは違ったコンセプトでの営業であったと思います。その頃にお邪魔したところ、「あれれ?どうしちゃったの?」という味になっていました。以来、ずっとご無沙汰していたのですが、約8年ぶりに再訪。いただいた料理はこんな感じ。
c0205205_0204385.jpg

c0205205_0205765.jpg

c0205205_0211689.jpg

c0205205_0213231.jpg

c0205205_0215688.jpg


いやいや、とてもおいしかったです。
地元三河ならでは食材も使い、野趣に富んだおおらかな味わいと、繊細な味わいが混じり合ったおいしさ。
イタリアンならでは醍醐味を感じさせる料理でした。特に、魚料理の火の入れ方は絶妙!でした。

現在のお店の味は、移転前の味とも、移転直後の味とも違うと思います。
つくづく、「お店は生き物だなあ。」と感じました。
そんなお店の歴史を思い浮かべながら、おいしいイタリアンを満喫しました。どうもごちそうさまでした。
[PR]
by m-umaimon | 2009-09-20 00:25 | 豊橋市
みなさん、居酒屋甲子園という大会があることはご存じでしょうか?今年で4回目となる大会で、なんと!全国1103店舗の中から、愛知県刈谷市の「創作和洋ダイニング OHANA刈谷店」が優勝を飾りました!(わ~!パチパチパチ!)

というわけで、お友達のむぎさんと行ってきました。

お店の場所は、刈谷駅から徒歩3分くらいの場所。
お店に入ると、やたらに元気がいい店員さんの声が度々響き渡ります。
はじめのうちはこの元気の良さにちょっと引いていましたが、そのうちに馴染んできて、なかなかおもしろい時間が過ごせました。それにただ元気がいいだけじゃなくて、どの店員さんもとてもよく気がつくのです。このお店は接客の方向性がきちんと定まっていて、店員のみなさんがちゃんと同じ方向を向いていて、しかもすごく意識が高いと思いました。

元気のいい店員さんの接客が好きな人は、是非カウンターに座ってください。
若い店員さんが、楽しませてくれますよ。料理も悪くなかったです。
c0205205_0294657.jpg
c0205205_030569.jpg
c0205205_0301833.jpg

[PR]
by m-umaimon | 2009-09-15 00:30 | 刈谷市
c0205205_1255962.jpg

日曜日に、夫婦で幡豆郡一色町にある「たまりや料理店」さんにお邪魔してきました。
他にお客さんはおらず、今回も貸し切り状態。お店の営業的には心配になりますが、おかげでとってもくつろいで食事ができました。

料理が運ばれてくるまで、お店の中をきょろきょろしていると、お店の随所に目を惹かれるものが。
こういった、店主の美意識や遊び心も僕には楽しみ。

c0205205_1335546.jpg
c0205205_134869.jpg
c0205205_1341829.jpg
c0205205_1342857.jpg


さて、ここからお料理です。
c0205205_1343820.jpg

c0205205_1344891.jpg
c0205205_1345735.jpg
c0205205_135723.jpg


1年ぶりにお邪魔した「たまりや」さんの料理は、相変わらずおいしい。
気合いとか、こだわりといったことからはちょっと離れた、“柔らかい”お料理。
このお店が、自宅から15分ほどの近所にあることは、僕にとって、とても幸せなこと。
お店を開いてくださって、どうもありがとう。石崎さん。
[PR]
by m-umaimon | 2009-09-14 01:26 | 一色町
c0205205_23492250.jpg

携帯からテストします
[PR]
by m-umaimon | 2009-09-10 23:49
名前 くろぶた
住まい 愛知県碧南市在住。碧南生まれの碧南育ち。
誕生日 昭和47年6月14日
性別
好きな食べ物 野菜や玄米が大好き!あと、お酒も^^
こんなお店がスキ!
・おいしい素材の味が、そのまま楽しめる シンプルな料理を出すお店
・他にない、スペシャルなものを提供しているお店
・居心地のいいお店

僕はお店をやっていらっしゃる方の趣味や個性を感じながら、その味や空間を楽しむことが好きです。舌だけでなく、ココロや身体が喜んでいる感覚があるお店は、何度もリピートしちゃいます。

味がおいしいお店はたくさんあります。
その中でも、自分好みの味付けのお店が見つかった時は、とてもうれしいです。
さらに味だけではなく、心にグッと来るものがあるお店は、特に印象に残ります。
このブログでは味の感想の他に、そのお店で 僕が何に心を動かされたかも書いていこうと思います。

また、どんなメニューがあって、そのお値段はいくらなのか?といった細かい情報は、あまり載せていこうとは思いません。今の世の中には、情報が溢れすぎています。情報という知識を伝えるよりも、僕がここで表現していくことによって、読む人が何かを感じていただけるような記事を書いていきたいと思っています。

ホームページもあります。
「三河うまいもん紀行」
携帯用のページもあります。便利だから、どんどん利用してね。

ツイッターもやっています。
アカウントは「kurobuta18」です。

一つお願いです。
文章や写真の無断転載はやめてね。

みなさんからいただくコメントは、すごく励みになります。
コメントをやりとりするのは、すごく楽しいです。
コメントをくださる皆さん、どうもありがとうございます。

マイペースに更新しているブログですが、どうぞよろしくお願いします。
[PR]