カテゴリ:豊橋市( 22 )

もう2ヶ月も前の記事になります。
お盆の頃に、家族旅行へ出かけたときのこと。

最終日のお昼ご飯に、豊橋市の「ツバメ食堂」へ行きました。このお店のことは、お友達のペロ吉さんのブログで知りました。その記事を読んで以来、とにかくこのお店に行きたくて。念願かなって、ついに訪れることができました。
c0205205_23322226.jpg

内装は、オフホワイトとチャコールブラウンの組み合わせ。座席はカウンターが5席くらいと、テーブルが3卓くらい。席の場所によっては調理している様子が眺められ、センスの良さを感じられる店内は、まるで洒落たカフェのようです。

ランチは、1500円の1種類のみ。前菜や主菜を、数種類の中から選ぶことができます。
実はこの旅行中、毎食のようにお腹いっぱい食べていたので、あまりお腹が空いていなかった僕ら。大人2人、子供2人の計4人で、ランチ2食をシェアすることにしました。

まずは前菜。
c0205205_23363588.jpg
お店の名前がついたツバメサラダ
c0205205_2337062.jpg
パテ・ド・カンパーニュ(追加料金+200円)

うん、野菜がおいしい。
野菜好きな僕にとって、野菜がおいしいかどうかって、大切なポイント。

続いてパテを一口食べたとたん、お!何かが伝わってきたよ!
この心に伝わってくる感じ・・・キラキラ感?う~ん、ちょっと違う。
そうだ、これはウキウキだ!

そう気づいたとたん、心のウキウキ感が身体に伝わって、自然と身体がスウィングしてくる。(はたかた見たら、めっちゃ怪しい人だ(笑)そして、このウキウキのリズムは・・・店内にBGMで流れているボサノバのリズムと一緒じゃん!身体が勝手にそのリズムを刻みだす。う~ん、気持ちいい~。脳から何かしらの快楽物質が分泌されてるよ。料理と、お店の空間に存在している何かが自分の身体に伝わってきて、それが自分の中で共鳴し、とってもいい気持ち。

このパテはオススメだよ~。
野菜はルッコラがおいしかったです。


しばらく待っていると、主菜が運ばれてきました。
料理のペースはゆっくり目だね。このお店は時間を気にして、急いで食べるお店じゃないね。
c0205205_23532076.jpg
赤ワガの香草焼き
c0205205_23534746.jpg
鶏モモ肉のディジョン マスタード風味
c0205205_23543773.jpg
おっと、パンを忘れていた。前菜と一緒に出てきたんだけど、パンはこんな感じ。

主菜は、どちらも甲乙つけがたいおいしさ。
そして、どちらの料理からもウキウキのヴァイブレーションが再び伝わってくる。

魚や肉、そして付け合わせの野菜は、じっくり丁寧に火が通されていて、旨みがじわ~~~って引き出されている。これはうまいわ~!

そして、最後にデザート。
c0205205_0267.jpg
ヨーグルトのクレメダンジェ風
c0205205_043637.jpg
クレームカラメル(プリンのこと)

どちらのデザートも、甘さや味わいはすっきりしていて、うまい。でもどちらかというと、僕はヨーグルトの方が気に入りました。すっきりして、酸味のある味わいのヨーグルトと、パイナップルとキウイのマリネの甘さが、もう、これ以上ないくらいの組み合わせ。この相性の良さは、単なるマリアージュどころじゃないよ。本当においしかったです。ごちそうさまでした。


食後、お店の方に僕がブログをやっていることと、お店を紹介してもいいか聞いてみたところ、「記事にされるのは構わないですが、さらっとお願いします。」と言われました。あまり盛大に宣伝して欲しくないみたい。

でも“さらっと”紹介するはずが、なんだか“こってり”した記事になってしまったように感じるのは、気のせいか?(笑)このお店には今度、夜にお酒のみに行きたいな~。
c0205205_0174683.jpg

[PR]
by m-umaimon | 2010-10-02 00:11 | 豊橋市
お友達のペロ吉さんのオフ会で、豊橋の山猫軒に行ってきました。
先週、豊橋のチーロに行ったばかりで、また豊橋。このブログを見てくださっている方から、「月に何回、豊橋に行っているんですか?」と聞かれました。

今回はたまたまですよ~!
毎月、豊橋に行っているわけじゃないですよ~!

・・・でも、僕の好きなお店が豊橋に多いのは、確かなんだけどね~^^

さて、オフ会。
実は名鉄のポケモンスタンプラリーを一生懸命回りすぎて、軽く遅刻しちゃいました。参加されたみなさん、ゴメンナサイ!・・・って、当日いらっしゃった方には説明しましたね^^;

さて、料理です。
ペロ吉さんが、既にブログで記事にしていたので、僕はリンクを貼っておくだけで、記事にしなくていいんじゃないか?って思いましたが、一応、こちらでも軽くご紹介。写真は最後のデザートをのぞいて、みんな3人前です。
c0205205_21585426.jpg
c0205205_2159762.jpg
c0205205_21592158.jpg
c0205205_21594364.jpg
c0205205_21595577.jpg
c0205205_220967.jpg
この日、最初のヒットはこれ! オレンジ色のクリームソースに、ホタテとサフランの風味が贅沢にうつっていて、めちゃめちゃうまかった!パンにぬぐって食べると、最高!みんなパンをお代わりして、ソースを残さずいただきました。
c0205205_2221889.jpg
c0205205_2223116.jpg
安うまワイン。味も波動も僕好みでした(笑)
c0205205_224151.jpg
c0205205_2242110.jpg
c0205205_2243788.jpg
山猫軒の定番、カルパッチョ!相変わらずうまい!
c0205205_2252752.jpg
試作品とのことで、シェフのサービス。筋子のからすみをお酒に漬け込んだもの。今週末、我が家にご飯を食べに来る方には、少しですがお出しできます(笑)
c0205205_2263512.jpg
c0205205_2264979.jpg
本日のメイン、あつみ牛のステーキ!絶妙の火入れ加減。生肉よりもジューシーで、焼いた肉よりも軟らかい。僕は普段、お肉はあまり食べないんだけど、このお店に来ると「肉っておいしいんだ!」って思います。
c0205205_22105592.jpg


今回も、山猫軒を堪能しました~
オフ会に参加されたみなさん、どうもありがとうございました。
とってもとっても楽しかったです。次回も楽しみにしています。

さて、この後、豊橋発の終電に乗ったはいいが、降りるはずの知立駅で寝過ごし、この日はサウナで一晩を過ごしましたとさ。
[PR]
by m-umaimon | 2010-07-26 22:10 | 豊橋市
この日のお昼は、お友達のTちゃんの結婚式に、妻と出席。
(関係者の皆さん、ミクシイに写真がアップしてあるので、見てね~)

その後、精文館書店や山猫軒へ立ち寄った後、夜ご飯に豊橋市の「ピッツェリア チーロ」に行ってきました。ちょうど2年前に、ランチとディナーのダブルヘッダーでお邪魔して以来、久しぶりの訪店。

初めてこのお店に訪れた時に感じた興奮は、今でもよく覚えています。表通りから奥まった、とても分かりにくい場所に、突然現れるかっこいい建物。お店の扉を開けると、外観から受けるイメージを裏切らない、センスのいい開放的な空間。そして、ピザ窯を囲むように作られたカウンター席に座ると、DJかラッパー風の店長が、鮮やかなパフォーマンスでピッツア生地を延ばしていく。時には、天井に届きそうなくらいに生地を回し投げる様を見ていると、待ち時間も全く気にならない。「うわ~!」「すごい!」と興奮の連続。そして出来上がったピッツアは、素材のおいしさが存分に楽しめる、他にない味わい。

ピッツアの味も、お店の内装も、パフォーマンスなども含めて、全てが一体となった「このお店らしさ」に僕は一発で惚れちゃったのです。

ところが今年の春、このお店がナポリピッツア協会に加入したという話を耳にしました。この協会は、古くから続くナポリピッツアの伝統を守ることを目的としています。そのため、これまでチーロで見ることができたパフォーマンスが、協会に入ったことによって、もうできなくなったと聞いたのです。

この知らせは、本当にショックでした。
どうして!?今までのままで、良かったのに!

久しぶりに訪れた今回は、そんな想いを抑えきれず、店長さんにしつこく聞いてしまいました。店長さんは忙しい中にもかかわらず、とても丁寧に、協会に加入した経緯を教えてくださいました。その経緯や、加入を決めた理由は、僕にとってはあまり納得できるものではなくて、今でも残念な想いはあるんだけど、今さら外野があれこれ言ってても、しゃ~ない。それに、残念な話ばかりじゃなくて、思わぬうれしい話もあったんだ。それは後で書きますね。

さて、話が長くなってきたので、料理の紹介いきますか~!
c0205205_2245465.jpg
グラスで赤ワインを飲みながら、メニューとにらめっこ。野菜大好きな僕には、サラダは欠かせません。アラカルトメニューから、「水牛モッツアレラチーズと生ハム、サラダの盛り合わせ」(1900円)をオーダー。
c0205205_22471192.jpg
さすが、いいお値段がするだけあります!すごいボリューム!そして、うまそう!
c0205205_22474682.jpg

c0205205_2248153.jpg

このお店で出している野菜は、店主の実家で作っているものが中心とのこと。力強さがあって、うまい。野菜がおいしいお店って、ステキだ(笑) 生ハムは噛み締めるたびに、口の中においしさがじゅわ~っと溢れる。水牛のモッツアレラは、フレッシュなおいしさ。素直にうまい!

続いてピッツア。妻とあれこれ相談して決めたのは、「生ハム ルッコラ パルミジャーノのビアンカ」と「小ヤリイカのマリナーラ」のハーフアンドハーフ。

さっき、後で書くと言ったうれしい話は、パフォーマンスの話なんだ。
実は、頼むと生地を回してくれるんです。ナポリピッツア協会に入るときの審査でも、パフォーマンスしながらピッツアを作ったとのこと。ただ、協会指定の材料で生地を作ったら、以前の生地より強度が弱くなり、あまり回せなくなっちゃったって。ランチタイムの生地ならサイズが小さいので、遠心力がかかっても破れにくいこともあって、回しますよ~とのことでした。

僕は是非パフォーマンスが見たくて、大きめ生地だったけど、回してもらいました。ちょっと無理があったみたいで、少し不具合?が出ちゃったみたいだけど、店長さんには大感謝です。ご無理いってスイマセン。ありがとうございました。

でも、今までみたいに天井高くは投げられないみたいです(強度の問題)。
店長さんが言うには、「ナポリピッツア協会に加入しているお店で、こんなパフォーマンスをしているのは、うちだけだ。」とおっしゃってました。このお店には、そして店長には、パフォーマンスが似合うよ。これからも是非どんどんやってくださいね~!
c0205205_23204366.jpg
c0205205_23211466.jpg
相変わらず、うまそうなピッツアだこと!キラキラしているよ。
印象に残ったのは、小ヤリイカのマリナーラ。まず、トマトソースがうまい。そして、小ヤリイカとガーリックソース、生地のシンプルな組み合わせが 素晴らしいマリアージュ!これはうまい!こんなレベルの高いマリアージュは久しぶり。おいしかった~。

以前とは、ほんのちょっと変わったけど、やっぱり素敵なお店でした。チーロ。
このキラキラ感、他ではなかなかないよ。毎週でも食べに行きたいピッツア。
このお店も、三河の宝だな~。大好きです。
c0205205_2340813.jpg

[PR]
by m-umaimon | 2010-07-19 17:30 | 豊橋市
昨日は、仕事をお休みして、豊橋市の山猫軒でランチしてきました。

春から続いていた仕事が山を越え、なんとか金曜日に休みがとれそうだと分かり、前日の木曜日に「明日、お休みをもらっていいですか?」と上司に聞いたら、渋い顔。僕の職場は4人で働いているのですが、なんと、4人のうち3人が「明日、休みたい」と思っていました!わあ、ビックリ!

一瞬焦りましたが、なんとか3人の休みを調整して、無事に山猫軒へ行くことができたのでした。あ~、やばかった。
c0205205_10554327.jpg

c0205205_1056471.jpg
相変わらず、雑然とした店内。
でも、ここから 魔法のように、おいしい料理が出てくるのだ。

この日は、他にお客さんがいなくて、僕1人。
伊藤劇場@山猫軒を貸し切りです。これは、かなり贅沢だ~
この日出てきた料理全15品を順番にご紹介します。
c0205205_10574486.jpg
この日は、車だったので、ガス入りの水で。
c0205205_1147342.jpg
水牛のモッツアレラ
c0205205_11472910.jpg
同じく水牛のモッツアレラと、小麦の風味が強い山猫パンとバジルペースト。これがめちゃめちゃ合う!完成されたおいしさ!
c0205205_117218.jpg
鶏レバーペースト入り
c0205205_11475458.jpg
ホワイトアスパラとラクレットチーズ
c0205205_15124483.jpg

パンが続きます。口直しにと、ブルスケッタ
c0205205_11125618.jpg
このゴルゴンゾーラが、めちゃうまい!すごく素直なおいしさ。
c0205205_11145088.jpg
笹の葉で包んだ、中華ちまき
c0205205_11151661.jpg
10年ものの老酒で戻した貝柱入り。お米は古代米。葉の香りが素晴らしい。味も、もちろんうまい。
c0205205_1116421.jpg
ピスタチオオイル。実は初めていただきました。ピスタチオのいい香り!
c0205205_1118225.jpg
タスマニアサーモン。あ、脂が・・・口の中でとろける~(悶絶!)
c0205205_11195165.jpg
海老と湯葉の味噌仕立て。伊藤さんは、味噌が濃いめとおっしゃっていたけど、我が家の味噌汁の方がはるかに濃くて、気にならず(笑)
c0205205_11322353.jpg
ウニの冷製パスタ。山猫軒の定番メニューの1つ。僕も大好き!
c0205205_11325541.jpg
メダイのホッリート(ホッリートはアクアパッツアの原型とのこと)。このメダイはブリのように脂が乗ってる!うまし!
c0205205_11363256.jpg
蓮の葉の中華チマキ
c0205205_1136551.jpg
豚のスープで煮込んだ古代米と、ほぐしたトンポーロー。蓮の葉の香りと、トンポーローがいい相性。
c0205205_11383537.jpg
出ました!!!本日のメイン、子羊のスモーク!桜のチップでいぶした子羊ちゃんは・・・うますぎて、も~ため息しか出ません!何を言っても、表現しようとした瞬間に陳腐なものになってしまう気がする。これは是非、実際に食べて欲しい。
c0205205_11492369.jpg
ダメ押し(笑)
c0205205_11421392.jpg
これがデザート。パンに乗っている白いものは、すごく珍しい、水牛のバターをスライスしたもの。オレンジ色は、夏みかんのマーマレード。このバターは、すごく素直なおいしさ。さらっと食べられる。食べたい方は、今月中に山猫軒へGO!(笑)

お値段は、この内容で5000円でした。
山猫軒で食事をしたのは、実は結構久しぶり。
1年半ぶりくらいじゃないだろうか?

伊藤さんに、「最近、あまり量が食べられなくなってきたんですよ~」という話をしていたんだけど、このお店の料理は、胃が気持ちよく刺激されて、どんどん食べられちゃう。不快な刺激がまるでないのだ。今、食事をしてから、丸1日経ってこの記事を書いているけど、たくさん食べたのに、胃が全く重くない。むしろ、胃腸の調子がいい。これはこのお店の特徴だなあ。

ここから先は、伊藤さんから聞いた山猫軒の料理についてと、僕が思ったこと。
[PR]
by m-umaimon | 2010-06-19 10:54 | 豊橋市
我が家では、毎週土曜日の夜は、家族で外食することが多いです。
でも、夕方に子供の習い事があるので、あまり遠くには行けません。

が、この日は習い事がお休みで、遠出のチャ~ンス!
・・・のはずだったのですが、僕が体調不良で、寒気があって、遠出は気が進まない・・・
でも、遠出する気マンマンの妻は、「私が運転するから!」ということで、家族揃って行ってきました。
c0205205_2154134.jpg
豊橋市松葉町の和食店「雅都(まさちか)」です。我が家から車で片道1時間半。この記事を見て、失笑されている方が、きっと100人はいるに違いない(笑)

このお店は落ち着いた和食店。
初めて伺った3年前は、大人2人だけで行くつもりが、急遽子連れでお邪魔することになってしまいました。それにも関わらず、店員のみなさんがとても気持ちのいい接客をしてくださったので、今回も甘えて、子連れでお邪魔してしまいました。

店内は、照明を落とした、和風ダイニングバーといった趣きの洒落た内装。
カウンター席が7~8席と、掘りごたつになったテーブル席が3卓と、お座敷のテーブル席が2卓。BGMにはジャズが流れています。

料理は、手書きされた日替わりのメニューが30種類ほど。ちょっとしたおつまみや、ご飯ものを中心に定番メニューもありますが、メインとなる料理はほとんど日替わりです。コース料理は5000円~。単品でいろいろ頼んでも、多分1人5000円前後の予算で大丈夫だと思います(飲み代は別ね)

さて、いろいろ注文した中で、まずやって来たのが・・・
c0205205_2283495.jpg
この立派な刺身の盛り合わせ!湯引きしたマグロ、あぶった鰆(さわら)、コチ、甲イカなど、どれもうまい!
c0205205_229695.jpg
お皿全体が見えるように、もう一度(笑)

あまりに刺身がうまいので、飲むつもりなかったけど、焼酎の前割り燗をちょっとだけ(笑)
c0205205_22162850.jpg

続いて、太刀魚の塩焼き
c0205205_2218206.jpg

c0205205_2219238.jpg
お皿全体が見えるように、もう一度。このお店はお皿が立派。
c0205205_22195060.jpg
骨の唐揚げもついてきました。

この太刀魚がまた、めちゃめちゃうまかった!
身が本当に、ふっくらと焼けていて、口の中でとろけま~す!
家族一同、箸が止まりません。我れ先にと、争うように食べました(笑)
このお店は魚料理が、本当にうまいです。


さて、他に食べたものも、さらっとご紹介しますね。
c0205205_22245569.jpg
気まぐれサラダ。写真を撮る前に、せっかちな人がちょっとつまんでしまいました。
c0205205_22263260.jpg
だし巻き玉子。これも、写真を撮る前に一切れ、食べられてしまいました(苦笑)
c0205205_22274764.jpg
穴子とアボガドの煮おろし。揚げ出し豆腐の、豆腐の代わりに穴子とアボガドが入ったもの。初めて食べる組み合わせだったけど、いけますね。実はどちらも今が旬となる素材の組み合わせ。
c0205205_2230464.jpg
ホワイトアスパラのフライ。胡椒が軽く効いていて、香りもいい。


いや~、お店に行く前は、「今から豊橋~?え~?」って感じだったけど、おいしくて、おいしくて、お店にいる間はかなり元気でした。

力強く、勢いを感じる料理。
このお店では肉料理を食べていませんが、今回は魚料理のおいしさが特に印象に残りました。

このお店は、
会席料理店の、「おいしい料理」「立派な器」
居酒屋の 「気さく」で「元気のいい接客」「酒の品揃えの良さ」
和風ダイニングバーの 「洒脱な店構え」

それぞれのいいところを、おいしいとこどりしたようなお店だと思います。
しかも、全てにクオリティが高く、それぞれの良さをこのお店流に うまく取り入れていると思いました。料理もよかったですが、接客もとても印象がいい。気さくな上に、細かなところまで気を使ってくださいました。

若い大将(お年を聞いたら、34歳だそうです)が、料理も、接客も、お店のしつらえも、全てに頑張っていらっしゃるのが、ヒシヒシと伝わってきます。

おいしい料理を、いい気分で、気持ちよくいただけるお店。この日はとても気持ちのいい「おもてなし」を受けた気分でした。遠くてなかなか行けないけど、ここはやっぱり好きだなあ。
今度は大人だけで、カウンターに座って ゆっくりお酒とご飯をいただきたいです。
[PR]
by m-umaimon | 2010-05-31 21:58 | 豊橋市
家族で豊川コロナへ遊びに行きがてら、豊橋市のお気に入り店、「硝子の森」に行ってきましたよ~。
c0205205_1154493.jpg

c0205205_116348.jpg
c0205205_1162360.jpg
c0205205_1163432.jpg
まずはギネスで。
c0205205_1152618.jpg
泡がきめ細かくて、クリーミーな口当たり、喉ごし。こりゃうまい!
c0205205_1353284.jpg
真鯛のカルパッチョ。これは子供たちが大喜びで食べてました。
c0205205_1183017.jpg
鴨と新ジャガのソテー。これはイケる!これは僕がパクパクといただきました。ここら辺でギネスがなくなって、酒はハイボールにチェンジ。
c0205205_123155.jpg
春野菜の天麩羅。アスパラとたけのこ、行者にんにく。春野菜の天麩羅は大好き!あるといつも頼んじゃう。天麩羅のタネのチョイスに、このお店らしさを感じるね。どれもうまかった!
c0205205_136242.jpg
ネギと釜揚げシラスのだし巻き。これは嫁さんの希望。
c0205205_1231526.jpg
帆立と旬野菜のペペロンチーノ。麺は手打ちの平打ち麺。野菜に元気があっていいね~!唐辛子が結構効いてて舌はビリビりっと辛いけど、それぞれの素材の良さが主張してて、これもイケル!
c0205205_1251730.jpg
そして、〆はおにぎり。酒はおにぎりのために日本酒にチェンジ。写真じゃ白いものが見えないけど、ただの海苔じゃないですよ~(汗)漬け物は、ウドのキンピラ。これはうま~!日本人に生まれてよかった!^^


このお店のメニューは、和洋のそそられる料理のオンパレード!
どの料理にしようかいつも迷っちゃいます。

我が家は野菜大好きなので、緑色の料理が多いけど(本当は、写真以外にもボリュームたっぷりなサラダを食べてる(笑)、このお店は肉料理や魚料理も、すごく充実しているよ。

さらにうれしいのは、これだけ料理の幅が広いのに、素材は十分に吟味されていること。
お店もオシャレ。でも、かしこまってなくて、なんだか気軽に行けちゃう雰囲気なんだよね。

細かいことを言うと、お酒がちょっと弱いとか、火の入れ具合に惜しい時があったりするけど、たった二人で切り盛りしているお店だもん。それに細かいマイナス点よりも、魅力の方がはるかに大きい!たった二人でこれだけのもの(料理だけでなくサービスなども含めて)を提供していることが、本当にブラボー!だと思う。

石川(店長)さん、おいしかったよ~!
素敵なお店を開いてくれて、どうもありがとう!
[PR]
by m-umaimon | 2010-03-30 01:31 | 豊橋市
アイタルカフェを後にして、次に向かったのは、同じ豊橋市の山猫軒

山猫軒には昨年、1度も食事に伺うことができなかったので、席が空いているといいな~と思ったのですが、残念ながらこの日は満員。でも、せっかくなので、今が旬のチョコレートをテイクアウトしました。チョコレートは1600円と2800円の2種類がありましたが、チョコレートに2800円も払うのは、僕の金銭感覚がNGを出したので^^;、1600円の方をいただくことにしました。
c0205205_014426.jpg

飾り気のないルックスは、相変わらず。そして包装も、相変わらずの超簡易包装でした。
まあ、このお店の常連さんは、そんなこと気にしないよね^^

チョコは、珈琲豆が入ったものと、クルミが入ったものが2つずつで1600円でした。
でもこの写真では、どちらが豆入りなのかクルミ入りなのか、区別がつかないですね^^;

お店の説明では、「東京の丸ビルや 名古屋のミッドランドスクエアなどの最高と言われるチョコレートや 有名チョコレート専門店のチョコレートと ぜひ並べて食べてみてください。 明確に、絶句するほどの違いがお分かりいただけると確信いたします。」とあります。

ちょっと、オーバーなんじゃないの?と思いつつ、口に入れてみる。

・・・ん?んんん!?

これは、確かに!うまい!!!
しかし、世間一般で言われている美味さとは、ベクトルが違うように思う。

このチョコレートは、いやな刺激が、全くといっていいほど、感じられない。
チョコレートのふんわりとした、気品のある風味が、やわらかく広がったかと思いきや、はかなく消えていく。

これまで、僕もそれなりに高級なチョコレートを口にしてきたつもり。
大抵の高級チョコレートは、味わいにインパクトがあった。でも、喉にひっかかるような、不快な刺激もあった。それに対して、山猫軒のチョコレートは、味わいのインパクトは少ないが、不快な刺激がまるでない。これは、このお店の料理に共通していること。やっぱりチョコレートも、山猫軒の料理そのものだった、ということか。

名古屋駅の高○屋などで売っている、高級なチョコレートって、どれもセレブな雰囲気があるよね。
それらのチョコレートと値段は変わらない、山猫軒のチョコレートにセレブな雰囲気は一切ないが、食べた後、本当に笑っちゃいました。うまいわ、これ。

相変わらず、見た目はイマイチだが、やってくれます、山猫軒!
今度は、是非、食事を楽しみに伺いたいな~。

(僕のサイトの山猫軒の記事へのリンク)
[PR]
by m-umaimon | 2010-02-08 00:16 | 豊橋市
夜、家族みんなが出かけていて、僕1人で晩ご飯を食べる機会がありました。

平日だし、疲れているし、どこへ行こう?
身体にいいものが食べたいなあ。でも、どこのお店もピンと来ないなあ・・・と思っていたら、豊橋市にある「アイタルカフェ」のこの記事が目に留まりました。茶色いパンから、力強いパワーがビンビンと伝わってきます。このパンを食べに行きたい・・・。でも、豊橋・・・。行こうか行くまいか、ちょっと迷いましたが、結局仕事が終わったあと、1時間半かけて車を走らせることにしました。

アイタルカフェには、昨年6月以来の訪店。
わずか半年ほどの間に、メニューはがらりと変わっていました。

以前から健康志向が強く、身体にいい食材をこだわって使っていらっしゃいましたが、昨年末より動物性の食材を使うことを完全にやめ、ヴィーガン料理(動物性食品を一切使わないベジタブル食)を提供するカフェとして営業を始めたそうです。

この日いただいたのは、こんな料理。
c0205205_18582627.jpg
c0205205_18583960.jpg
c0205205_18585138.jpg

一番上の写真の「アイタルサラダ」は、ローフード(加熱しない食事)にこだわっているそうです。味付けはさっぱりしていると思いきや、しっかりした味付けで、食材の良さとも相まって、とてもうまい。真ん中の写真の「ひよこ豆のチリコンカンと玄米」は、ほとんど炭火で調理したとのこと。手に持ったスプーンが、皿と口の間をせわしなく往復してしまう。この時の僕の身体が求めていた料理。写真では見づらいですが、同じ皿の奥の方に写っている、ゴボウのマリネがとてもおいしかった。お店の方の話では、以前より塩も香辛料もしっかり効かせるようにしたとのことです。

珈琲は300円。飲み物の値段は、大体300円に変わっていました。
このお店のお茶や珈琲に使う水は、汲んできた湧き水を使っているとのこと。
やわらかく、さっぱりした味わい。そして、すーっと身体に染みていく。
珈琲の味も、以前とは全く違う。このお店のお菓子の味に合うように、さっぱり目の味わいにしたそうです。

チリコンカンを食べ終わったところで、僕の頭のてっぺんからエネルギーが抜けていった。そして、意識がすごくハッキリしたのを感じました。僕は「身体が喜ぶ料理」という表現をよくするけど、この料理は次元が違う。魂が求めている料理というべきか。自分の身体の反応から、ヴィーガン料理は、スピリチュアルな道と繋がっているように思いました。

さて、楽しみにしていたパンは、テイクアウトして、自宅でいただきました。
c0205205_192123.jpg
c0205205_19211865.jpg

これは、お店の方には申し訳ないけど、食べておいしいパンとは違う。滋味深い味わいがするものの、パサパサした食感。でも一口食べたら、僕の身体の細胞がウキウキと小躍りしていたよ。

人は五感以外にも、いろんな感覚を持っている。でも多くの人は、その感覚が錆び付いちゃっている状態だと思う。このお店の食事は、その錆びをとり、本来の状態へ戻すお手伝いをしてくれる感じ。

アイタルカフェ、いよいよエンジンがかかってきたね。
今回は、僕の身体の中心を、正面から、ズドンと撃ち抜かれました。
c0205205_19292945.jpg
c0205205_19294237.jpg

[PR]
by m-umaimon | 2010-02-07 18:51 | 豊橋市
昨日は、家族で豊橋方面へ遊びに出かけました。
まずは、お昼ご飯を食べに、豊橋市のいわし料理のお店「さでんかん」へ。

が、満員でお店に入れず。
久しぶりに「さでんかん」のご飯が食べたかったけど、まあ、しゃーないなー。別のお店に行くか。
と、思ったのですが、実はここからが、大変だったのでした。

「アイタルカフェ」に電話をかけたのですが、プルル・・・の音が鳴りっぱなし。後で確認したら、定休日でした。次に、「心寿司」に電話。が、ここも定休日。今度は、きしめんがおいしい「篠嶋屋」へ向かうも、シャッターが降りている。ここもお休みか~。「篠嶋屋」のすぐ近くにある、菜めし田楽の「きく宗」は、子供が拒否権発動(T T) ダメもとで「山猫軒」へ向かうも、閉まってる。予約が入ってなかったんだね~。そこから、中華の「リーロン」に電話。しかし、「この日からおせちを作るから、今日からお休みです。」との大将のお返事。あら~、残念です。ここら辺で、子供達が「お腹空いた~」と騒ぎ出し、僕もお尻に火がついてくる。向山アピタにある、ピッツアの「ネアポリス」に行こうと思うが、一応、営業しているか電話確認しようと思い、携帯で電話番号を検索する。しかし、なぜか検索結果に出てこない。実は、僕がお店の名前を勘違いしていて、正しくは「ネアポリス」だったのに、「ネアポリス」と間違えていたのでした。検索しても、出てくるのはHなページばかり^^; 「ネアポリス」はあきらめて、今度は駅前の「新珠飯店」に向かうが、シャッターが降りている。ここもお休みか~。ここで僕もとうとう観念して、駅前のココラフロント内にある、とあるお店へ。

行ったお店は意外と悪くなかったけど、僕が応援したいと思うお店でもなかったので、レポートは省略。

食事の後、僕が一番行きたかったお店も、またまたお休みで振られるという出来事も挟んで(大泣)、「ほしの珈琲」へ。
c0205205_2383117.jpg

c0205205_21522113.jpg
店内の様子。カウンター席が10席ほどと、奥に狭目のテーブル席が10席。
c0205205_2153441.jpg
奥に長い店内で、カウンター席の後ろには、大きな焙煎機がどーんと鎮座しています。豆は、新豆(ニュークロップ)にこだわる、東京の有名店「ホリグチコーヒー」の豆だそうです。ホリグチさんには、僕も2回、お邪魔したことがあるけど、ほしのさんの味とは、だいぶ違う。ホリグチさんの味は、かなりマニアック。コアなファン向けの味、という印象。ほしのさんの味は、ホリグチさんと比べると、とても優しい。そして、明るくて、きれいな印象を受ける。

僕は期間限定の「マンデリン」と、おかわりして、「モカ」をいただく。
デザートは、ブリュレと和栗のモンブラン。
c0205205_23175417.jpg
c0205205_2318426.jpg
c0205205_23181470.jpg

写真では伝わりづらいと思うけど、コーヒーは、色からして、とてもきれい。
口に含むと、雑味がまるでないことに驚く。山の清水を思わせるほど、とてもきれいな味。そして、さわやかで豊かな香りが、きれいに、ふんわりと自分を包みこんでいく。

この味わいは、すごいと思う。
ホリグチさんのように、マニア向けではない、誰もがおいしいと感じる味ではないだろうか。

デザートは、和栗のモンブランがおいしかった。
名前のとおり、天津甘栗を思わせる、和風の味わい。栗本来の味がそのまま楽しめる。
でも、栗の味わいを活かしつつ、ちゃんとコーヒーとマリアージュするような味に仕上がっているのは、さすがです。ブラボー!!!

「ほしの珈琲」は、自宅からは遠くてなかなか行けないけど、やはり素晴らしいお店であることを再確認。この味わいは、三河では希有な存在だと思う。さらに、値段も手頃だし、接客も気さくで楽しいし、お店もきれいだし、ほんと、言うことないです。

おいしい珈琲をごちそうさまでした~
[PR]
by m-umaimon | 2009-12-30 22:59 | 豊橋市
お昼にイタリアン、それからおじさんチームで立ち飲み屋に行ったあと、この日のメインイベント、日本酒居酒屋「天に月、地に山」でのオフ会です。

今回の料理はペロ吉さんが猪肉を中心にお願いしてくれました。
その猪肉の提供先は、掲示板でも話題になっていた、新城市の「三河猪家」さん。なんと、お店にはその社長さんもいらしていて、熱い想いをたくさんお聞かせくださいました。

c0205205_948373.jpg

猪のレバーと心臓。僕はレバーが気に入りました。その味わいは鉄分たっぷり!
c0205205_9481614.jpg

猪のタン
c0205205_94826100.jpg

掲示板でも話題になっていた餃子。自分で焼いたものより、はるかにおいしい(苦笑)
c0205205_949927.jpg

猪のジャーキーとカツ。おもしろかったのはカツ。脂身がさっぱりしていて、塩をつけて食べるとウマイ!
c0205205_9492224.jpg

猪の子供、うりぼうの肉を醤油味のタレに1日つけ込んだものの炒め。うりぼうの肉はやわらかくて、これまたウマイ!

やはり、生産(販売)者の方と直接お話しながらいただく料理は、いつも特別なものがあります。
三河猪家 社長さんの純粋な想いが実を結べるよう、僕も微力ながら応援したいと思います。

さてさて。
「天に月、地に山」といえば、このお店でしか呑めない絶品日本酒が楽しみ!今回も珍しい熟成酒をたくさんいただきました。この日はみんなで10種類以上の日本酒をいただきましたが、その中で印象に残ったお酒たちを。照明の関係で見づらい写真があることはお許しください。
c0205205_9394782.jpg
c0205205_940199.jpg
c0205205_9401268.jpg
c0205205_9402314.jpg


何杯か呑んでいるうちに、舌触りが女性の肌を思わせるようなエロティックなお酒がありました。
それからおじさん達はエロエロモードに火がついちゃって、お酒を女性に例えて表現することで大盛り上がり!(笑) 僕の一押しは、東洋美人の山廃熟成酒。例えるなら、「高級キャバクラのNo1嬢」との意見でまとまりました^^

ペロ吉さんのオフ会は、毎回とても楽しませてもらっています。
幹事のペロ吉さん、いつもありがとう!
オフ会に参加したみなさん、どうもありがとう!
この日お会いしたみなさん、どうもありがとうございました!
[PR]
by m-umaimon | 2009-09-20 01:05 | 豊橋市