カテゴリ:刈谷市( 5 )

休日出勤の代休で、お昼からお休みをもらって、刈谷市へ。
刈谷市役所隣りの幸寿司本店へ行ってきました。

このお店、目立つ場所に立地しているので、随分昔からお店の存在は知っていましたが、古めかしさが目に付く店構えなので、なかなか飛び込む勇気がありませんでした。そんな中、食べログ経由でEat and RunのKEIさんが記事にしているのを読んで、ようやく足を運んでみたのでした。
c0205205_21565949.jpg
ね~、この店構え。ちょっと微妙でしょ?

でも店内に足を踏み入れると、広々としながらも、手入れが行き届いた静謐な空間で、自分の心配が杞憂であったと分かりました。自分のテンションもみるみるアップ!(笑)

席に着くと、お品書きと一緒に(頼んでないのですが)新聞を2紙持ってきてくださいました。一般紙とスポーツ紙を1紙づつ。さすがです。

さて、この日は握りの気分ではなかったので、上ちらし(2415円)と、赤だし(210円)を注文。しばらく待っていると・・・

c0205205_22151375.jpg

うひょ~、うまそう!

このお店のちらし寿司は、ネタとご飯が別々になっています。
ご飯は、やや柔らかめの炊き加減で、ほんのり酢の香り。かんぴょうと、パリッとした海苔がまぶしてあります。これだけで十分にうまい!そのままご飯だけを胃袋にかっこんでしまいたくなる。

・・・おっとっと。やばい、やばい。
ネタもいただきましょう、ということで、醤油につけて、刺身としていただく。
うんうん、いいね。イカ、しめ鯖、玉子焼きがうまし。特に玉子焼きがイケてると思いますよん。

最初にご飯だけで食べ過ぎてしまったので(爆)、ご飯をお代わり。
今度は、ご飯にネタをのせて、丼にして食べる。わしわしと、かっ込んで食べるのは、気持ちいいね~。堪能しました。ごちそ~さま!


さて、このお店、味もよかったですが、僕は静かで、落ち着いた空気感が気に入りました。
それに、料理をカメラでパシャパシャしている一見の怪しげな一人客に対して、(おそらくいつもと同じように)さりげなくもてなしてくださったところに、このお店の懐の深さを感じました。

その後は、カフェ「ベア」さんへ。
ここはかなり何度も足を運んでいるお店。珈琲はやわらかくて、きれいな味わい。
茂木健一郎さんの本を読もうと思って、持参してお店に入ったのですが、本棚にあった週間少年ジャンプが目に入り、ついついジャンプを読みふけっていました(笑)
c0205205_22395588.jpg
c0205205_2240616.jpg

[PR]
by m-umaimon | 2010-04-14 22:15 | 刈谷市
この日は一人で晩ご飯。
鰻を食べたい気分だったのだけれど、行ってみたいお店は定休日。
そこで、久しぶりに刈谷市の「やま平」に伺いました。前回お店に伺ってから、なんと約8年ぶり。

ここは口の肥えたブロガーさんたちが、すごく褒めているお店。
僕の印象だと、確かに鰻はおいしかったけど、そこまでおいしかったっけ?という感じ。それにご飯が軟らか過ぎる印象が強かった。僕がホームページでこのお店を紹介したのはもう10年以上前だけど、他のブロガーさんたちに変な対抗心もあって、ずいぶんご無沙汰していました。
c0205205_21442881.jpg

お店の場所は、表通りから一本奥に入った狭い通り沿い。
静かな通りに、趣きのある店構え。ここだけちょっと異世界な感じ。

座席は1階と2階があるが、今回は1階に通された。
古い建物だが、掃除が行き届いていて、気持ちがいい空間。店内禁煙もうれしい。

本を読みながらしばらく待っていると、じゃ~ん!
c0205205_21483241.jpg

ふたを開けると・・・
c0205205_21485841.jpg

な、なんというきれいな焼き色!
身の方は焦げないように焼き上げられていて、反対に、皮の方は香ばしく焦げ目がつくように強めに焼かれている。白いご飯と一緒に口の中に放りこむと・・・こ、これは、うまい!

ふっくらした食感の身は、舌の上にジュワッと脂が広がって、とてもおいしい。皮の焦げ目も食欲をそそる。タレはさらりとした、みりんの効いたやや甘めのタレ。これがふっくらした食感の鰻と本当によく合っている。

ご飯は熱々。炊き加減は、やっぱりちょっと柔らかめ。でも、おいしい。肝吸いも品のいい味。

久しぶりに食べた「やま平」のうな丼は、こんなにおいしかったっけ?という感じ。
10年近く前に記録した、当時のメモを読み返してみたが、ご飯の炊き加減にこだわりすぎていたかも。細かい事にこだわって、このお店の魅力を見過ごしていたかなと思う。器の小さい男でしたね~(苦笑)

でも、ちょっと言い訳っぽい事を書くと、このお店のおいしさは、鰻を食べ慣れた中級・上級者向けのおいしさのように思う。僕は岡崎市の「はせべ」の方が、分かりやすいおいしさだと感じる。

なんにせよ、このお店に対する僕の認識がくるりと変わったのでした。
グルメブロガーのみなさん、どうもありがとう。
[PR]
by m-umaimon | 2010-03-31 22:06 | 刈谷市
先日、お昼に長久手町の「まんまる堂」へ行った後、長久手町での用事が終わったのが夜の8時。
妻や子供たちは、妻の実家でご飯を食べてくるということで、夜も僕1人でご飯を食べることに。どこでご飯を食べよう?と迷って、向かった先は、刈谷市のオーガニックイタリアン「コクア」でした。おいしい野菜が、がっつりと食べたくなったのです。

夜の比較的遅めの時間に行ったためか、僕がお店に着いてほどなくしたら、僕1人の貸し切り状態に。コクアの座席はテーブル席のみなので、こういう時、1人だと話相手がいなくて寂しく感じるかもしれませんが、1人でいるのが割と平気な僕は、こういう状況もへっちゃらです^^

さて、コース料理は前日までに予約が必要とのことで、アラカルトから料理を選びます。
たくさん用意されたアラカルトメニューから選んだ料理は、こんな感じ。
c0205205_17185759.jpg
c0205205_17191638.jpg
c0205205_1719271.jpg

一番上の写真は、「無農薬野菜のクリームパスタ」1470円。
この料理は今のところ、このお店で僕が一番好きなメニュー。
パスタのよりも、野菜の方が多いくらい、本当にたくさんの、いろんな種類の野菜が入っています。
カブ、ズッキーニ、大根、ジャガイモ、人参、里芋・・・などなど。
どの野菜も生命力があって、とってもおいしい。このお店は、野菜が本当にウマイです。
手打ちパスタ(タリアテッレ)は、主役の座を野菜に譲っているものの、十分においしいし、何よりクリームソースと絡めて食べると、本当にイケてます。

真ん中の写真は、「宮崎産メジマグロ アーモンド衣焼 無農薬キャベツの煮込みソース」1260円。
この料理も、メジマグロの下に野菜がたっぷり敷いてあって、うれしい。僕には魚よりも、やっぱり野菜の印象の方がよかった。また、魚にはかなり塩が効いています。

この味付けなどから、できるだけ安心・安全な食材を使った料理と一緒に、是非お酒も楽しんでほしいという、お店の意図が伝わってきます。

このお店は、お値段がちょっと高めな気がしますが、おいしい野菜が食べたくなったときには、候補に入れたいお店です。
[PR]
by m-umaimon | 2009-12-12 09:49 | 刈谷市
日曜日のお昼、家族で食事にでかけることになりました。
僕は昨晩はイタリアンだったので、今日はさっぱりと「蕎麦かうどんがいいな~。」と言ったところ、小2の娘1は「ピラフが食べたい!」とのこと。

仕事に行っていた妻が帰ってきてから、どこのお店に行くか、家族であーだこーだと、けんけんがくがく。
雑誌「ティーワン」の中から妻が選んだお店は、どーいうわけか和食でも洋食でもない、刈谷市でおいしい野菜を使った料理を提供しているお店、「コクア」でした。確か、あのお店のランチって、パスタがメインだったんじゃ・・・。オレ、昨日もイタリアンだったんだけど・・・(^^;

「コクア」には、開店して割と間もない頃から何度もお邪魔していて、今日で5回目くらいの訪店。

おろ?お店の入り口にイタリアの国旗がかかっている?
店内に入ってメニューを見てみると、おおっと、料理の内容はカンペキにイタリアンじゃん。以前は玄米ご飯のランチもあったはずなのに・・・。イタリアンからできるだけ遠いものが食べたかった僕としては残念ガックリ。しかも、魚料理がアクアパッツアって、昨日とモロかぶりじゃん!

そんなこんなで、いただいたのはこんな料理。
c0205205_2326217.jpg
c0205205_23263323.jpg
c0205205_23264696.jpg
c0205205_2326573.jpg


写真はありませんが、これにカップに入ったスープがついて、1500円。
ボリュームと値段で考えると、お得というランチの内容ではない。
でも、料理はとってもいいです。
どの料理も1品づつ、手をかけて作っていて、しかも今できたばかり、というおいしさ。
そして、相変わらず、ここの野菜はおいしい。愛情を込めて作られているのがじんわりと伝わってきたよ。
連続イタリアンで、イマイチ気分が乗っていなかった僕も、おいしい料理にテンションアップ!我ながら現金です^^;

店内には、素材へのこだわりが大きな黒板いっぱいに書いてあって、ちょっとストイックな感じや、大上段に振りかぶった感じが気にはなるけど(←おまえが言うな!って突っ込まれそうですが)、料理自体はモロに僕好み。それに、以前は「素材にこだわった無国籍料理のお店」という感じだったけど、イタリアンに絞ったことでお店の方向性もハッキリして、いいと思います。

刈谷市なら我が家からそう遠くないし、また行こっと。
c0205205_2346343.jpg

[PR]
by m-umaimon | 2009-09-27 23:27 | 刈谷市
みなさん、居酒屋甲子園という大会があることはご存じでしょうか?今年で4回目となる大会で、なんと!全国1103店舗の中から、愛知県刈谷市の「創作和洋ダイニング OHANA刈谷店」が優勝を飾りました!(わ~!パチパチパチ!)

というわけで、お友達のむぎさんと行ってきました。

お店の場所は、刈谷駅から徒歩3分くらいの場所。
お店に入ると、やたらに元気がいい店員さんの声が度々響き渡ります。
はじめのうちはこの元気の良さにちょっと引いていましたが、そのうちに馴染んできて、なかなかおもしろい時間が過ごせました。それにただ元気がいいだけじゃなくて、どの店員さんもとてもよく気がつくのです。このお店は接客の方向性がきちんと定まっていて、店員のみなさんがちゃんと同じ方向を向いていて、しかもすごく意識が高いと思いました。

元気のいい店員さんの接客が好きな人は、是非カウンターに座ってください。
若い店員さんが、楽しませてくれますよ。料理も悪くなかったです。
c0205205_0294657.jpg
c0205205_030569.jpg
c0205205_0301833.jpg

[PR]
by m-umaimon | 2009-09-15 00:30 | 刈谷市