カテゴリ:県外のお店( 15 )

旅の2日目は、まず「まかいの牧場」へ。
c0205205_3374635.jpg
景色もよかった!

それから、すぐ近くにある白糸の滝へ。
c0205205_3383056.jpg
人がいっぱいでした。でも滝壺付近は気持ちいい!

お昼ご飯は、楽しみにしていた富士宮市のレストランビオスへ。

席に着いてみると、周りは落ち着いた紳士淑女ばかり。
9歳、5歳の子連れの我々は、かなり浮いていたと思うが、もちろんそんなことは気にせずに、おいしいご飯をいただいてきました♪
c0205205_342792.jpg
ピーマンのムースと、バジルのサブレ。子供にも同じ前菜がつきました。ムースは苦くてウマい。しっかりピーマンの味わい。バジルのサブレは子供にも大好評!
c0205205_3462529.jpg
僕は白ワイン。この旅は妻が3日間、ずっと運転してくれました!
c0205205_3474647.jpg
もちもちした食感のパン。後でお代わりしたときは、違うものが出てきました。
c0205205_3482855.jpg
蝦夷鹿の田舎風テリーヌ。これはうまい!ワインが進みます。
c0205205_3491949.jpg
子供用のプレート。立派な料理。カトラリーは大人と同じなので、子連れOKといっても、あんまり小さな子を連れて行くのは厳しいかも。
c0205205_4125992.jpg
赤ワインにチェンジ(嬉)これ気に入った!シャトーアンペリアのカベルネ。このお店のワインは僕好みの自然派ばかりです。
c0205205_3553611.jpg
大人の主菜、豚肉のパン粉焼き。野菜好きなので、豚肉よりも野菜の方に目がいってしまう(笑)写真では分かりづらいがシシトウとオクラが大きくてすごく立派!そしてラタトゥイユが超うま!食感はとろけるように柔らかくて、優しくて柔らかい味わい。今まで食べた中でベストなラタトゥイユ!
c0205205_3581877.jpg
デザートは、マクワウリのスープとハチミツのアイス。これはうまい!スープとアイスの相性が抜群!また食べたい!
c0205205_3595630.jpg
子供には、桃のコンポートとゼリー。子供向けだからか、甘めに仕上げてありました。
c0205205_405435.jpg
抹茶のマカロンと牛蒡のクッキー。牛蒡のクッキーが気に入った。ちょうどいい甘さで、サクサクした食感もよくて、ほんのり牛蒡の風味。
c0205205_421473.jpg
エスプレッソで〆。

初めて伺ったレストランビオスは、とっても気に入りました。
明るく気持ちのいい空間で、落ち着いたサービス。それなのに料理は手頃な値段で、これはめちゃめちゃコスパが高い!富士宮近辺に行くことがあれば、是非また寄ってみたいレストランです。
[PR]
お昼ご飯を食べたあとは、子供たちが楽しみにしていたサファリパークへ!

c0205205_2156424.jpg
c0205205_21573358.jpg
ホントに ホントに ホントに ホントに ライオンだ~♪
c0205205_21584399.jpg

c0205205_2158499.jpg
近すぎちゃって どうしよう♪
c0205205_2159912.jpg
かわいくって どうしよう~


てなわけで、初めてのサファリパークに 子供たちは大興奮!
予定では夜までここにいるはずが、テンション上がりすぎて 夕方には疲れてしまい、「早く宿にいこ~」ときた^^;

宿はサファリパークからすぐ近くにある「レッドフォックス」というペンション。急遽、晩ご飯をお願いしたのですが、他のお客さんと同様の、きちんとしたものを用意してくださいました。これはありがたかった~!
c0205205_2284896.jpg
c0205205_229132.jpg

料理はなかなかよかったですよ。

この宿にはバーもあったんだけど、この日はあまり飲む気にならなかったので、子供たちと一緒に早めに就寝~
[PR]
この夏、最大の家族イベント、静岡への2泊3日家族旅行から帰ってきました。
しばらく、このネタで記事を書いていく(つもり)ので、どうぞお付き合いください。

旅の行程は、
1日目 富士サファリパークへ向かう。お昼ご飯はどこかのSAで。晩ご飯はサファリパーク内で。
2日目 まかいの牧場へ。お昼は、富士宮市のレストランビオス。夜は浜松の民宿。
3日目 お昼ご飯は豊橋市で。それから名古屋のポケモンセンターに寄って帰宅。

とまあ、結構アバウトな行程で出発。
でも、終わってみたら、なかなか充実した旅になりました。
それでは、旅のレポートの始まりです~


朝方に自宅を出発して、お昼ご飯をどこで食べよう?という会話を車内でしていたら、ふと妻が、「富士宮やきそばが食べたい!」という。でも子供たちは、「焼きそばはヤダ!うどんが食べたい!」という。どっちも同じ麺類じゃん!というツッコミを心の中でしつつ、結局両方食べにいくことに。まず富士川SAで、子供達用にご飯を食べ、続いて富士ICで高速道路を下りて、富士宮市内へ。僕が6年くらい前に職場の後輩と行った「虹屋ミミ」というお店に向かいました。

c0205205_2265612.jpg
着いてみたら、お店に前で2組ほど待っているお客さんが。
後でお店の方に聞いたら、「今日はまだすいているよ~。昨日は2時間も待っているお客さんもいたよ~」とのこと。うひゃ!2時間も!!!この日来てラッキー!

並んでいる間に、注文をすませ、僕は近くのコンビニへトイレへ行っていたら・・・
あら!もうみんな席に着いて、食べてるじゃん。そんな訳で、写真は食べかけです。
c0205205_2282790.jpg


6年ぶりの「虹屋ミミ」の焼きそば。
食べてみると、う~ん!相変わらず、おいし・・・

んん!?これも十分においしいんだけど、以前食べた焼きそばと、だいぶ違うなあ。
何より、以前と焼いてる人が違うし、焼き方も随分違う。

食べ終わった頃に、以前焼いていたお母さんがお店に入ってきたので聞いてみた。
お母さんの話では、このお店はほとんど息子に任せていて、お母さんはイベントで呼ばれた時に、焼いているだけみたい。

う~ん、残念!お母さんの焼きそばを食べようと思ったら、イベントを狙わないといけないのか。ちなみにイベントへの出店情報はお店のホームページに掲載されています。
また、お母さんの手さばきは、こちらのページに動画がアップされています。お母さんのコテ使いは必見です!

以前の味とは違ったけど、お母さんとはいろいろお話できたから、まあいっか。
[PR]
用事があって、日帰りで東京に行ってきました。
午前中、青山で用事があったので、お昼ご飯は南青山にある薬膳中華のお店「エッセンス」へ。このお店は、以前、山猫軒にいたバンドー君が働いているお店。彼がこのお店で働き出してから、毎年夏になるとエッセンスに伺っています。今回、これで3回目の訪店。過去2回は予約してコースを食べましたが、今回は1人だったので、予約せずにふらりとランチ。メインが選べるプリフィクスランチ(1470円)をいただきました。
c0205205_21442635.jpg
一品ずつ運ばれてくるかな~と思っていたら、大きなおぼんで、どーんと出てきた^^; 写真の料理の他には、デザートの杏仁豆腐と、飲み物がついてきました。

いただいた料理の中では、写真右端に移っている薬膳スープが一番気に入りました。過去2回食べたコース料理と比べると、料理の印象は随分違うなあ。愛知からここまで訪れて食事をするなら、僕はコース料理が断然お勧めだと思いました。

さて、料理を運んできてくれた店員さんに、「バンドー君はいますか?」と聞いてみたところ、「今日はお休みです」とのこと。ありゃ!会えなかったか~!でもすぐに、お休みということは、一緒に晩ご飯食べられるかも?と思い、バンドー君のケータイに電話。電話に出たバンドー君、先約があったお友達と調整してくれて、僕も含めて3人で晩ご飯を食べることになりました。なんか、バンドー君のおっかけみたいだ。

さて、夕方になって向かったお店は、新宿駅から徒歩10分ほどのところにある居酒屋「鼎(かなえ)」。ここはバンドー君が日本酒好きでグルメな先輩からオススメされていたお店とのこと。この日は3人でいっぱい食べて、いっぱい飲みました!
c0205205_22102545.jpg
ばくらい。「莫久来」と書くそうです。ホヤとこのわたの塩からのこと。
c0205205_2212085.jpg
うざく
c0205205_22121688.jpg
鰊(にしん)茄子
c0205205_22125149.jpg
真鯛の昆布〆
c0205205_22131491.jpg
さざえ
c0205205_22133251.jpg
無花果とモッツアレラの揚げ出し
c0205205_2214080.jpg
料理名忘れた!タコの何か(苦笑)
c0205205_2215594.jpg
合鴨の塩煮込み
c0205205_22152671.jpg
鰹の血合いの酒盗焼き
c0205205_22155472.jpg
ばらちらし


料理は平均すると1品1000円くらい。
ちょっといいお値段ですが、魚は鮮度がいいし、どの料理もおいしい。
安心して 身をゆだねることができる、確かなおいしさでした。

さて、バンドー君が僕と待ち合わせする前に、わざわざお土産を買ってきてくれていました。
東京で一番おいしいケーキとのこと。「LABESS(ラベス)」というお店。住宅街にある、小さなお店のようです。
c0205205_22242153.jpg

帰りの新幹線の車内で、早速一つご馳走になりました。

・・・食べた瞬間、思わずにんまり。
なんというフレッシュで、純粋なおいしさ。
嫌な風味が全くしない。砂糖は控えめで、クリームチーズのコクで満足感を出している感じ。おいしいね。それに、他にはない、我が道を行っている感じがいい。こういう、ゴーイングマイウェイなお店や、人に、僕は弱いのです。すぐに惚れてしまう(苦笑)

写真には写っていませんが、バナナとクルミがたっぷり入ったバナナブレッドが めっちゃツボでした。バナナのシフォンケーキも、うまかった!

家に帰った翌日、妻と一緒に残ったお土産のケーキをいただきました。
妻のやまが、「こういう味のケーキ、豊橋で食べたことあるよねえ?なんていうお店だったっけ?」と言う。言われてみれば、確かに。でも、どのお店だったけ?二人でう~んう~んとしばらく考えて、妻が「あ、そうだ!ヌーメロドゥエのケーキに似てるんじゃない!?」

なるほど、確かに! サクサクした軽い食感や、フレッシュでシンプルなおいしさは、以前、山猫軒の隣で営業していた「ヌーメロドゥエ」の焼き菓子を思い出させてくれる味わいじゃん! それに気がついた瞬間、まるで大雨が降った後の川の流れのように、僕の中でいろんな思いが一気に流れていったみたいだった。

これは最高のお土産だよ、バンドー君。どうもご馳走さま。
東京に行ったときには、また連絡するね。
[PR]
仕事で、神奈川県藤沢市へ出張してきました。
一通り仕事が終わり、夜の宴会も済んでお開きになった時間は、19時半。
なんと、まだ宵の口ではないですか。おとなしくホテルで寝てしまうのはもったいない。
ほろ酔い気分のまま、1人で賑やかな駅前へ繰り出すことにしました。

藤沢市の駅前は、なかなか魅力的。
駅前のロータリーから放射線状に広がってゆく道の両脇には、こじんまりした、おもしろそうな飲食店が建ち並んでいます。藤沢市内のおいしそうなお店は、ネットであらかじめ何軒か調べていたんだけど、道を歩いていると、おもしろそうなお店が多くて目移りしちゃいます。

そんな中、まず向かったのが、藤沢駅から徒歩5分ほどの場所ながら、車が入れないような細い路地にたたずむ、「ら塾」というラーメン屋さん。ここはラーメンの鬼として有名な、佐野実さんの「支那そばや」(現在は閉店)で働いていた方が開いたお店。

ほろ酔い気分でいろいろ考えたけど、やっぱここは外せんわ。

藤沢市の「支那そばや」には、もう8年近く前に、お友達のペロ吉さんとtannarさんの3人で出かけたんだ。すっげえ朝早くに愛知を出発して、3人とも朝ご飯食べずにお腹すかせながら、本当に楽しみにしてお店に向かったのに・・・・

臨時休業で振られちゃったんです(大泣)

も~、あん時は本当にショックだった。

その「支那そばや」の流れをくむお店で、しかも同じ藤沢市。こりゃ、やっぱ外せないよね。

前振りが長くなっちゃったけど、頼んだのは、塩ラーメン。830円。う、さすがにいい値段しますなー。
c0205205_0301013.jpg

でも見てよ、この透き通ったきれいなスープ!
懐かしい~!間違いなく、「支那そばや」のラーメンだ~!

スープを一口。
うん、さっぱりしているけど、うまい。

それと、ラーメン博物館で「支那そばや」に行った時も思ったけど、支那そばやは具がうまい。
チャーシューはほろほろ、メンマは程よい歯応えが残っていて、とてもおいしい。

でも、スープを飲みすすめていくうちに、だんだん物足りない気がしてきた。
焦がしニンニクのインパクトはあるんだけど、旨みがもう少し欲しい感じ。

そこで、舌のギアをシフトアップ。
神経を集中して味わってみると、スープに溶けこんだ細かい塩の粒を、鶏と野菜のやわらかい旨みが包みこんでいる感じ。それが優しく、控えめに、ぷちんぷちんと舌に当たってくる。

あ~、この感じ。
やっぱ、ここは「支那そばや」だわ。

8年たって、ようやく藤沢市で食べることが出来た、「支那そばや」の味。
そのシチュエーションに、ニコニコ。いい気分でした^^
c0205205_047073.jpg

ちなみにその後、「ノカ テーブル」というお店で、お酒を少し。
このお店も、本当にいいお店でした。機会があれば(もうない可能性が高いけど)、1軒目からゆっくりお邪魔したいお店でした。
[PR]