カテゴリ:名古屋市( 17 )

うれしいことに、この日、お気に入りのお店がまた1つ増えました。

やわらかい味わいの、野菜料理のお店。1つ1つ吟味した素材。心に「ファンタジー」が広がる内装。料理とともに、物語を奏でる器。このお店には、夢がありました。物語がありました。そんな、素敵なお店でした。

このお店には、このブログを見てくださっているお姉様方と、4人で向かいました。
碧南の市役所で集合して、車で1時間ちょっと。名古屋市中村区の住宅街に、そのお店はありました。
c0205205_0111611.jpg
入り口。長く続くエントランス。ワクワクします。
c0205205_012888.jpg
部屋に入った瞬間、「わ~!」と歓声が上がります。なんて素敵な空間! ここでご飯をいただくんです。座席は6人掛けのテーブルが1卓のみ。そのため、このお店は昼1組、夜1組の限定です。
c0205205_015335.jpg
テーブルのすぐ隣り、暖簾の向こうが厨房です。まだ若い娘さんと、仕事を退職されたお母さんのお二人で、料理を作ってくださいます。ちなみに、お父さんは買い出し担当だそうです。でも、この買い出しの仕事、よく話を聞くと、とても大変ではないかと思いました。
c0205205_017513.jpg
僕はテーブルを見守っている、このゴリラがとても気に入りました。
c0205205_0185154.jpg
とてもいい表情。まっすぐにこちらを見つめるゴリラの瞳は、僕の心の中を見つめているよう。

お店に入ってからしばらくの間、4人とも椅子に座りもせずに、店内のあちこちを眺めては、カメラでパシャパシャ。さぞ、やかましい客だったことでしょう。お店のみなさん、ごめんなさいね~。

さて、料理です。
このお店は3日前までに予約が必要で、料理はおまかせコースしかありません。お昼は3500円~、夜は4500円~。この日は3500円の予算でお願いしました。出てきた料理は、こんな感じ。
c0205205_22405520.jpg
カトラリーの設えはこんな感じ。
c0205205_22412798.jpg
どうやら一品目はいつも、こんな感じのお顔になっているようです。かぼちゃまんじゅう。中にはクルミが入っていて、ほんのり、ゆずの香り。やわらかい印象の味わいで、おいしい。作り手の温かい気持ちが感じられて、一品目からワクワクしてくる。
c0205205_2246074.jpg
新生姜のご飯と、ナスの皮のきんぴら。ご飯は、この新生姜のご飯か、トウモロコシが入った玄米ご飯のどちらかを選ぶことができました。ご飯には、生姜がたっぷり。少しピリ辛のきんぴらと、よく合う。ご飯はおひつに入って出てきて、お代わりもたっぷり。
c0205205_2249249.jpg
とうもろこしのすり流し
c0205205_22495980.jpg
きゅうりと干椎茸の胡麻酢和え。椎茸は肉厚で、味もよくしみていて、うまい!
c0205205_22512143.jpg
ジョバンナさんのブルスケッタ。え~っと、ジョバンナさんって、どういう人だったっけ?忘れちゃいました。ごめん。ところで、このブルスケッタ。めっちゃうまいです。使っているオリーブオイルが、すごくまろやかでコクがある。そして、トマトとパン、それぞれの材料の風味が強いんです。香り、味わいともに角が丸くて嫌みが全くない上に、風味がしっかりと強い。これはうまかった。
c0205205_2314072.jpg
つるりん茄子。片栗粉で、表面をつるっとした舌触りにしてある。茄子にのっているカラシも程よい辛さで、おいしい。
c0205205_234430.jpg
僕の中では、この日のMVPはダントツでこれ!揚げ無花果の味噌だれ。ぎゅっと詰まった無花果の甘みと、ほんのり柚子風味のまろやかな味わいの西京味噌が、ものの見事に合う。無花果はもちろん皮ごと食べられます。これはうますぎる!
c0205205_6134730.jpg
デザート用のスプーンたち。スプーンの柄は、ペンギンとか雪山とか、涼しげなものばかり。
c0205205_616378.jpg
デザートはずんだ汁粉。真ん中に浮かんでいるのは、白いもちあわで作っているとのこと。ずんだは、ほんのり抹茶の風味。
c0205205_6172681.jpg
ブレンドティ。何の味だろ?よく分かりませんでした。

このお店の料理は、どれも口当たりがまろやか。
そして、素材が素晴らしい。食後に、料理を作ってくださった母娘さんとお話しましたが、素材は相当にこだわっています。買い出し担当のお父さんは、一体どこまで買い出しに行っているんでしょうか(笑)

そして、どの料理もやさしくて、あたたかい印象。
このお店の中で、感覚を澄ませていると、僕は胸がじーんとしてきて、涙があふれてきそうでした。それが気持ちよくて、僕は食事の合間に、何度もこのお店の空気感を味わっていました。
c0205205_6283182.jpg
お店から帰るときに、お母さんが、「エントランスの天井には蛍光石がちりばめてあるので、夜にも是非いらしてください。」とおっしゃってくださいました。うんうん、是非また行きますよん。

このお店にいると、子供の頃に読んだ絵本の世界に迷い込んだような気分です。空想力をかきたててくれるお店。みなさんも是非、童心に返って、このお店を楽しんでほしいな~とおもいます。

『つらなり森のレストラン』
名古屋市中村区鈍池町2-40
052-471-5085
※ 駐車場は1台分しかないので、乗り合わせで行きましょう
※ 希望すれば、名古屋駅から送迎してもらえます
※ 子連れもOKです
[PR]
by m-umaimon | 2010-07-26 22:47 | 名古屋市
せっかくのGWなのですが、我が家は夫婦揃って仕事してたりします(苦笑)
僕もここ1年くらい、休日出勤が当たり前になってしまいました。そんなこともあって、今年のGWは泊まりで出かけることができず、仕事の合間をぬって、近場に遊びにでかけています。

この日は刈谷市のハイウェイオアシスで観覧車に乗ったり、お風呂に入ったりした後、名古屋市へ移動して、ランディさんのブログで紹介されていた、中区栄の中華料理店「茗圃(みょうほ)」に行ってきました。
c0205205_052465.jpg
内装は、シンプルですが、高級感のある内装。個室はないようで(未確認)、オープンなスペースに衝立(ついたて)でテーブルが仕切られています。

僕たちは5800円のコースをお願いしました。出てきた料理はこんな感じ(写真は5人分です)。
c0205205_055478.jpg
c0205205_0552015.jpg
c0205205_0553463.jpg
c0205205_055541.jpg
c0205205_135778.jpg
c0205205_056779.jpg
チャーハンは追加で注文しました
c0205205_0562548.jpg

どの料理も、とても品がいい。
さっぱりした中にも、濃厚な旨みのエキスを感じる味わいで、スキのない、明快なうまさ。

どの料理も、一口食べると、「お~!」とか、「うわ、おいしい~!」とか思わず声に出ちゃう。このおいしさは「芸術」的だと思う。僕は普段、身体が喜ぶような野菜料理や、作り手のあったかい気持ちを感じるような料理を好んで食べているけど、単純にこれだけ舌がおいしいと感じる料理は久しぶりに食べたなあ。

このお店は、中国茶にもこだわっていて、たくさんのお茶が用意されていました。
今回は凍頂烏龍茶しか飲まなかったけど、気品のある、とてもおいしいお茶でした。機会があれば、お茶目当てで来てもいいね。

このお店では、最近感じていなかった、いい刺激をたくさんもらいましたよ。
どうもごちそうさまでした。
[PR]
by m-umaimon | 2010-05-04 00:48 | 名古屋市
「ぱぴ・ぱん」の後、伏見の居酒屋「大甚」へ行ってきました。
このお店は、もう5~6回行っているかなあ。一見、大衆居酒屋なんだけど、他のお店と違い、おじさん達がめいめいにお酒を楽しんでいる様子に、どこか文化的な香りがして好きなんだ。

さて、お店には6時半前に到着。
暖簾をくぐってみると、女将さん?が「もうツマミがないよ~!」って。
ありゃ!ホント!佃煮ともずくしか残ってないね。こりゃ残念!

というわけで、一緒に飲むはずだったお友達のむぎさんに電話して、金山へ移動~。いつもの2軒をはしごすることにしました。

まず1軒目。金山駅から歩いて5分くらいの場所にある「大安」です。
店内は相変わらず、おじさん達で超満員!
奥に長いコの字型のカウンターに、折りたたみ式の丸椅子で、ぎゅうぎゅう詰めになって座ります。お店の雰囲気は「大甚」の方が好きだけど、料理は断然、こっちの方が好き!まずはビールと刺身のセットを注文したあと、この日はこんな料理をいただきました。
c0205205_0594266.jpg
煮こごり
c0205205_10290.jpg
タラの芽の天麩羅
c0205205_102062.jpg
味噌串カツ
c0205205_103696.jpg
鶏の白レバー刺身
c0205205_10547.jpg
ハタハタの塩焼き

このお店は料理の種類が豊富で、酒飲みが泣いて喜びそうなメニューのオンパレード!しかも、どの料理も200円とか300円という、超激安価格!これはも~、たまりません!生ビール→日本酒→焼酎と飲んで、お勘定は1人2000円ちょっと。安い~!駅から近いのも、ちょー魅力です。


続いて、「大安」から歩いて5分もかからない場所にある「おとくや」へ。
ここは椅子がなく、完全に立ち飲み屋。でも、店内は明るくて、きれいで、客層も先ほどの「大安」と比べると、かなり若い。

ここはビールのハーフ&ハーフと、ハイボールを飲みながら、こんな料理を。
c0205205_111773.jpg
手羽元スモーク
c0205205_113745.jpg
サラミと玉葱のピザ
c0205205_115397.jpg
イカの唐揚げ

この2軒が近くにあるっていうのがイイね~。
金山はしご酒、ヤミツキになりそうです(笑)
[PR]
by m-umaimon | 2010-03-10 01:02 | 名古屋市
名古屋にある、大好きなパン屋のひとつ、「ぱぴ・ぱん」に行ってきました。
c0205205_22181570.jpg

「ぱぴ・ぱん」は地下鉄 植田駅のすぐ近くにある、こじんまりしたブーランジェリー。3番出口すぐ脇にある駐輪場を横切っていけば、駅から徒歩1分です。

内装は、赤と緑を基調としていて、フランスのブーランジェリーそのまんまの雰囲気。
ショーケースの中には、小ぶりで、おいしそうなパンがたくさん並んでいます。バゲットや食パンなどのディスプレイもとても上手で、このお店の中にいると、すごくワクワクしてきます。

僕は午後の2時頃に伺ったのですが、食べたかったサンドイッチ類は売り切れとのこと。あ~、残念~。でも、他のどのパンも本当においしそうで、迷いに迷って選んだパンはこんな感じ。
c0205205_22184453.jpg
c0205205_2219182.jpg
ぱぴ・ぱんクランベリー
リュスティック(整形していないフランスパン)の中に、クランベリーが入っています。しっかりしたクラスト(皮)。食いちぎるようにして食べると、初めのうちは焼けた生地の香ばしさが主張しますが、じわじわと、口の中に生地の旨味が広がっていきます。本場の雰囲気満点のパン。こーれーはー、うまいわー。
c0205205_22192436.jpg
レーズンパン
レーズンに洋酒がたっぷり染み込ませてある。このレーズンがうまい。
生地には黒糖が入っている? ふんわりした食感もgood。
c0205205_22194650.jpg
きのこのキッシュ
1日経ってからいただいたので、生地はへにゃっとしちゃいましたが、きのこたっぷりの卵液がところがうんまい。旨味の加減が、強すぎず、弱すぎず、ちょうどよくて僕好み。
c0205205_2220593.jpg
c0205205_22201765.jpg
ヘーゼルナッツクリームのショコラ
表面はさくさくしたクッキー生地(?)のようで、中はデニッシュ。
表面の生地のヘーゼルナッツ風味が、とてもいい。
デニッシュにサンドされたチョコもうまい。あ~、ほんとにうまいわ、これ(笑)
c0205205_22203752.jpg
イチゴのデニッシュ
イチゴと、それを包むナパージュ、カスタードクリームの相性が、もう、本当にいいこと!完璧なバランス。めちゃめちゃうまかった。脱帽。


ちなみにこのお店はパンだけでなく、焼き菓子にも凝ったものがあって、オススメですよ~。
c0205205_22205232.jpg
c0205205_2221553.jpg


このお店のパンは、素材にとてもいいものを使っていると感じます。
そして、店内の雰囲気同様、パンもフランスの雰囲気。それをこだわって提供する、店主の心意気を感じます。パンに一本、目に見えない太い芯が通っている感じ。

生地だけでなく、フィリング(具材)の旨さも特筆もの。
フィリングの旨さや、生地とのバランス感などから、おいしさにとても細やかに気を使っていると感じます。これはセンスというより、おいしさに対して真面目で誠実な、お店の方の姿勢によるところが大きい気がします。

やっぱり、いいわ~。ここのパン。
我が家からは遠いけど、これからもたまに行きたいね。
[PR]
by m-umaimon | 2010-03-07 22:23 | 名古屋市
2週間ほど前の記事になります。

1月は仕事がちょーハードだったので、職場の仲間と打ち上げすることにしました。
うどん好きな仲間に是非食べて欲しかったのと、僕も行きたかったので、会場は名古屋市の「匠庵」にしました。仕事が終わってから、碧南市にある職場から電車で1時間半。遠いお店まで付き合ってくれた仲間に感謝です^^

「匠庵」は手打ちうどんと、焼酎のお店。
地下鉄「久屋大通駅」を下車して、三菱東京UFJ銀行前にある4番出口から、歩いて3分くらい。ピンク色のネオンや看板がキラキラしているビルの、奥の方にある階段から地下へ下りていくと、「お!こんなところに!」という場所にお店はあります。とてもこじんまりしたお店で、カウンターが8席くらいと、小上がりが2卓くらい。

このお店はもう10回くらい行っているけど、いつもは名古屋市内の他のお店で飲んだ後に、〆で伺うことが多いです。ですが、今回はここ1軒だけの予定。今日はがっつり行っちゃうよ~!

料理は大将に任せて、オススメを適当に作ってもらった。
c0205205_2311261.jpg
わかめの釜揚げ(めちゃ肉厚!)
c0205205_23153973.jpg
鰹のタタキ(塩で食べました。まいう~!)
c0205205_23155523.jpg
ホルモンとゴボウの炒め(ピリ辛でうまい!)
c0205205_23161537.jpg
サンマの八幡巻き(いい味加減!)
c0205205_23163398.jpg
ワサビチーズのカナッペ(ワサビとチーズが絶妙~)


このお店ではうどんと焼酎しか頼まないことが多いので、料理は久しぶりに食べたけど、うまいね~! 調味料もいいものを使っている感じだけど、僕は味付けのセンスが好き。

旨みをたっぷり効かせるでもなく、舌が驚くようなインパクトを求めるでもなく、素材を活かした引き算の料理。このお店の料理には、素直に「あ~、おいしい」って感じる。身体にスーって入ってくるおいしさ。この料理は本当にイケてたよ。

どこか、ひょうひょうとした雰囲気の大将は、ご自身が「おいしい」と感じるものを、きちんと表現している感じで、それがまた素敵。

c0205205_2317787.jpg
この日は焼酎もたくさん飲んだ。
写真は僕が大好きな銘柄「萬膳」の限定品。
初めて見たので、頼んじゃった。ガツンと来るおいしさで、よかった~!

他にも、この日は「燗ロック」という飲み方を教えてもらった。
これは、焼酎を一旦お燗して、そのお燗した焼酎に氷を入れて飲むんだ。
燗することによって、焼酎の香りや味わいがぶわ~っ開いたところに、ロックアイスを入れて飲むと、こりゃウマイ!これは自宅でもいろいろ試してみるつもり。

さあ、最後はうどんで〆!
c0205205_23164599.jpg
青唐うどん(冷)
c0205205_23165551.jpg
ひやひやうどんと生卵トッピング

うどんは、2杯食べちゃった(笑)
太めのうどんは表面はツルツル。噛みしめて食べると、麺の塩気がいい塩梅で、おいしい。
僕の最近のお気に入りは、「青唐うどん」。辛い物が苦手な僕も、この青唐辛子の佃煮は味わいに深みがあって、クセになっちゃう。

大将、今日もおいしかったよ。ごちそうさま~!
[PR]
by m-umaimon | 2010-03-02 23:23 | 名古屋市
12月31日は、妻のやまの誕生日。
でも、誕生日当日は、僕は毎年ちょー忙しくて、とても一緒にお祝いすることができません。なのでいつも、誕生日の少し前に、2人でお祝いの食事をしに行っています。

これは数日ほど前の夫婦の会話。

ぶた:「お祝いの食事に何を食べたいか決めた?」
やま:「え?わたしが決めるの?」
(3週間ほど前に、何を食べたいか、決めておくように言っておいたんだけど・・・)
ぶた:「何を食べたいか教えてくれないと、お店も決まらないじゃん。」
やま:(しばらく考えて)「・・・高いお店がいい。」
ぶた:「は?」
やま:「うん、高いお店!」

というわけで、高いお店に行ってきました。
c0205205_2372131.jpg

名古屋駅前ミッドランドスクエア41階にある日本料理店「吉兆」です。
妻の言う「高いお店」とは、値段が高いお店のことじゃなくて、場所が高い位置にあるお店のことでした。でも、見晴らしがいい、たか~い場所にあるお店って、高さに比例して、お値段も高くなっていくんだよね(苦笑)

妻のリクエストで、眺めがいい、窓際のカウンター席を用意していただきました。
この日の朝方はあいにくの天気でしたが、昼前から晴れてきて、こんな素晴らしい眺望を楽しみながら、食事ができました。
c0205205_2384219.jpg

いただいた料理は、5000円(サービス料込み)の松花堂弁当。
c0205205_2392038.jpg
c0205205_2393188.jpg
c0205205_2394028.jpg
c0205205_2394958.jpg
c0205205_2395942.jpg
c0205205_2310817.jpg
c0205205_23101683.jpg

お赤飯は、誕生日ということで、サービスで出していただきました。

料理は、とてもおいしかったです。
どの料理も、上品で、穏やかな味わい。
はっとするような美味しさではありませんが、きちんと作られていて、じんわりとおいしい感じ。

〆のデザートも、とてもよかった。
甘すぎず、さっぱりすぎず、食事の〆にぴったり!お茶とも本当によく合っていました。

普段、三河で暮らしている僕からすると、このお店の空間は、もう別世界。
器はとても素晴らしいし、接客もきちんとしている。素敵な眺望も存分に楽しみながらの5000円は、とてもいい。オススメです。
[PR]
by m-umaimon | 2009-12-26 22:18 | 名古屋市
昨日の夜は、職場の仲間と名古屋を飲み歩いていました。
立ち飲みやを中心に何軒かはしごして、軽く飲んで、さっと食べたら次のお店へ・・・という企画です。

1軒目は、金山駅からすぐのところにある「大安」というお店。
僕は初めて行ったんだけど、いろんな人から「ここはいいよ~」と言われていたので、ずっと行きたかったんだよね~。
c0205205_11311455.jpg

ここがもう、ホントによかった!1軒目から大ヒット!
ツマミがたくさん揃っているのに、どれを頼んでもおいしい!
僕は鶏の刺身とか、銀杏とか、味噌串カツを食べながら、生中や燗酒をいただく。
「おいしいね~。」「ここはいいね~。」とか、仲間とにこにこしながら、次のお店へ。

2軒目は、「大安」からすぐ近くにある「おとくや」という立ち飲みや。
c0205205_11364790.jpg

ここも、おいしいんだよね~。ハイボールや焼酎のお湯割りや、ビールを飲みながら、生シラスとか、コロッケを食べる。う~ん、オイシー!

ちなみに、僕がここに来るといつも頼むのが、「金魚」っていうメニュー。
c0205205_113815100.jpg

焼酎のお湯割りに、唐辛子と大葉が入っているの。きれいだね。こういうセンス、大好きです。

金山で2軒はしごした後は、大須まで移動して、今度は「角屋」という焼き鳥屋さん。
c0205205_11391298.jpg

うずらとか、鶏皮とかを食べながら、キリンの瓶ビールをぐびぐび。
炭焼きのい~い香りが、店内に立ちこめている。きゅうくつい店内で、みんな楽しそうにおいしい焼き鳥をほおばってる。こういう雰囲気のお店って、三河だとなかなかないんだよね。焼き鳥自体もおいしいんだけど、こういう雰囲気も、なかなかのご馳走だと思う。

ちなみに、このお店のTVで中日ドラゴンズが負けたことを知る。
選手のみなさん、クライマックスシリーズお疲れ様。負けちゃったのは残念だけど、僕はとっても楽しませてもらったよ。

さて、そこから栄まで、また歩いて移動。
途中でふと、「チェザリ」のピッツアをつまみたいなと思ったんだけど、もう通り過ぎちゃってたし、お店の場所もイマイチ分からなかったので、今回は断念。

次に向かったお店は、矢場町の洋風立ち飲み屋「ガザット」。
実はここも通り過ぎちゃったけど、がんばって戻りました^^;
c0205205_11472667.jpg

ここではワインを飲みながら、マッシュルームのサラダとか、鮎のコンフィとか。
このお店の鮎のコンフィは、ホントにうまいね!いつも頼んじゃう。
「ガザット」は、立ち飲みとしては、ちょっとお値段が張るけど、大好きなお店で、飲み歩きには外せません^^

そして、はしご酒のトリを飾るのは、久屋大通駅からほど近い、うどんと焼酎のお店「匠庵」。
焼酎の水割りと、漬け物をつまみながら、最後はうどんで〆。
c0205205_11513352.jpg

この店のうどんは、ほんと、うまいね~!
エッジがたった麺線は美しくて、ほれぼれしちゃう。
食感も、極太麺でありながら、力強い歯応え。ここは愛知最強のうどんだと思います。

いや~、久しぶりにたくさん飲みました!

はしご酒、楽しくて、オススメだよ。みんなも是非やってみて。
実は来月23日(祝日・月曜日)に、刈谷駅周辺で、はしご酒企画があるんだよ。
刈谷駅前はお店がたくさんあるから、はしごも楽ちん。この機会に、はしごの楽しさを味わってみてね。
[PR]
by m-umaimon | 2009-10-25 11:59 | 名古屋市