生命を育む食事 アイタル食堂

もう1ヶ月も前の記事になります。
家族で豊橋市のアイタル食堂に行ってきました。

少し前より、スタッフが以前の2人体制から1人になり、お店の名前も変わったりして、いろいろと試行錯誤されている様子でした。アイタル食堂は大好きなお店なので、お店の様子に変化がある度に、気になりつつも、なかなか足を運べない日々。それからお店の名前が以前と同じアイタル食堂に戻り、料理もどこか以前と同じ気配を感じるようになって、素直に「行きたい」と思ったら、ちょうど行くことが出来ました。僕の趣味に付き合ってくれた家族に感謝です。
c0205205_22523541.jpg
c0205205_2253148.jpg


さて、この日はお手軽なランチをお願いしました。子供たちは大好きなスパゲッティ。
c0205205_22535521.jpg
塩麹漬け天然つばすのトマトソーススパゲッティ
c0205205_22545355.jpg
サラダもついてきました。

一方、大人チームはこのお店の玄米ご飯が食べたくて、ご飯がついた定食を注文。
c0205205_2256139.jpg
ご飯はさつま芋の玄米ご飯
c0205205_22562845.jpg
メインはいわしの梅煮
c0205205_22575782.jpg
粕汁

料理は、以前よりも発酵食品により傾いた感じでしょうか。
肉や魚は、ほとんど麹につけ込んで提供しているそうです。

ちょっとワイルドになりましたね。
そして、よりマニアックに。個性がよりはっきりした感じです。

これは「生命を育む食事」という感じだあ。
身体がすごく、喜んでいます。

僕は、たまには名古屋のラグジュアリーなレストランにも行くけど、基本的には、アイタル食堂のような、身体が喜ぶお店の方に魅力を感じる。というか、身体が強く求めている。身体が求めるその引力は、どんどん強くなってきていて、高級なレストランへの興味も段々薄れつつある。

やっぱり、好きです。アイタル食堂。愛している、と言ってしまおう。
こういう食事に囲まれて、暮らしていきたいなあ。

c0205205_2372145.jpg
これは小豆と麻の実のケーキ。このお店の珈琲ととてもよく合いました。珈琲の味も、以前と変わりましたね。舌への刺激よりも、身体への刺激の方が強烈で、まず、身体がウキウキと反応してから、舌ではなく、身体を通して脳においしさが伝わっていくといった感じでした。こんなに身体の細胞が反応する珈琲も珍しい。

僕にすごくフィットするお店です、アイタル食堂。また行きますね。
[PR]
by m-umaimon | 2012-01-19 23:11 | 豊橋市