「たまりや」の味をお気軽に

この日は、お昼から娘2の保育参観。
その前にちょっと時間があったので、幡豆郡一色町(もうすぐ西尾市になりますね)の「たまりや料理店」に伺いました。

「たまりや」では、毎月「6」と「9」のつく日に、カフェ営業をしています。この日はちょうど9のつく日。実は「たまりや」のカフェにはまだ行ったことがなかったんです。この日は絶好のタイミング!でも、ちょっと急いでいたので、前日に予約しておいて、すぐに料理を出していただけるようにお願いしておきました。
c0205205_13161047.jpg
お店の外観。知らなければ、ここがレストランとは誰も思うまい。
c0205205_13192889.jpg
店の扉をくぐってすぐのところにある、椅子の上に飾られた花器はいつも楽しみにしています。
c0205205_13214545.jpg
少し肌寒かったこの日は、薪ストーブに火が入っていました。


さて、料理です。
この日は1000円の定食をお願いしました。
c0205205_13294154.jpg
お水とお手ふきはこんな感じで。
c0205205_1330317.jpg
このプレート(1皿)に、たまりやの味が凝縮しています!
スープには、魚のホウボウの身がたっぷり入っています。ホウボウのアラから引いた出汁と、サフランの風味が、とってもいい感じ。めちゃうまい。キッシュは薄くスライスされた蓮根が、ミルフィーユのように何枚も重ねられています。このキッシュも秀逸!味わい・食感ともに、柔らかさとふくらみのある印象で、とてもいい。他にも、魚のホウボウと長なすのソテー、鮮度がよくてシャッキリと力強いサラダが入って、1000円。

この1皿に「たまりや」のおいしさが詰まっているよ。
レストランで食べる3000円の定食と、全く変わらない味。

ボリューム面では、僕にはちょっと物足りなかったけど(+100円でパンを追加しました)、このクオリティで1000円なら十分にコスパが高い。「たまりや」に興味があるけど、まだ行ったことがないという人は、入門編に最適だと思います。もしくは、既にたまりやファンの方には、たまりやの味が気軽に楽しめちゃって、たまらないと思います。

c0205205_13441887.jpg
食後に、+200円で珈琲を追加。珈琲はポット出しで、お代わりOK。保育参観の時間ギリギリまで、お店の方とお話してきました。

→たまりやの過去の記事 2010年1月訪店時  2009年9月訪店時
[PR]
by m-umaimon | 2010-10-30 13:22 | 一色町