東京おっかけ旅

用事があって、日帰りで東京に行ってきました。
午前中、青山で用事があったので、お昼ご飯は南青山にある薬膳中華のお店「エッセンス」へ。このお店は、以前、山猫軒にいたバンドー君が働いているお店。彼がこのお店で働き出してから、毎年夏になるとエッセンスに伺っています。今回、これで3回目の訪店。過去2回は予約してコースを食べましたが、今回は1人だったので、予約せずにふらりとランチ。メインが選べるプリフィクスランチ(1470円)をいただきました。
c0205205_21442635.jpg
一品ずつ運ばれてくるかな~と思っていたら、大きなおぼんで、どーんと出てきた^^; 写真の料理の他には、デザートの杏仁豆腐と、飲み物がついてきました。

いただいた料理の中では、写真右端に移っている薬膳スープが一番気に入りました。過去2回食べたコース料理と比べると、料理の印象は随分違うなあ。愛知からここまで訪れて食事をするなら、僕はコース料理が断然お勧めだと思いました。

さて、料理を運んできてくれた店員さんに、「バンドー君はいますか?」と聞いてみたところ、「今日はお休みです」とのこと。ありゃ!会えなかったか~!でもすぐに、お休みということは、一緒に晩ご飯食べられるかも?と思い、バンドー君のケータイに電話。電話に出たバンドー君、先約があったお友達と調整してくれて、僕も含めて3人で晩ご飯を食べることになりました。なんか、バンドー君のおっかけみたいだ。

さて、夕方になって向かったお店は、新宿駅から徒歩10分ほどのところにある居酒屋「鼎(かなえ)」。ここはバンドー君が日本酒好きでグルメな先輩からオススメされていたお店とのこと。この日は3人でいっぱい食べて、いっぱい飲みました!
c0205205_22102545.jpg
ばくらい。「莫久来」と書くそうです。ホヤとこのわたの塩からのこと。
c0205205_2212085.jpg
うざく
c0205205_22121688.jpg
鰊(にしん)茄子
c0205205_22125149.jpg
真鯛の昆布〆
c0205205_22131491.jpg
さざえ
c0205205_22133251.jpg
無花果とモッツアレラの揚げ出し
c0205205_2214080.jpg
料理名忘れた!タコの何か(苦笑)
c0205205_2215594.jpg
合鴨の塩煮込み
c0205205_22152671.jpg
鰹の血合いの酒盗焼き
c0205205_22155472.jpg
ばらちらし


料理は平均すると1品1000円くらい。
ちょっといいお値段ですが、魚は鮮度がいいし、どの料理もおいしい。
安心して 身をゆだねることができる、確かなおいしさでした。

さて、バンドー君が僕と待ち合わせする前に、わざわざお土産を買ってきてくれていました。
東京で一番おいしいケーキとのこと。「LABESS(ラベス)」というお店。住宅街にある、小さなお店のようです。
c0205205_22242153.jpg

帰りの新幹線の車内で、早速一つご馳走になりました。

・・・食べた瞬間、思わずにんまり。
なんというフレッシュで、純粋なおいしさ。
嫌な風味が全くしない。砂糖は控えめで、クリームチーズのコクで満足感を出している感じ。おいしいね。それに、他にはない、我が道を行っている感じがいい。こういう、ゴーイングマイウェイなお店や、人に、僕は弱いのです。すぐに惚れてしまう(苦笑)

写真には写っていませんが、バナナとクルミがたっぷり入ったバナナブレッドが めっちゃツボでした。バナナのシフォンケーキも、うまかった!

家に帰った翌日、妻と一緒に残ったお土産のケーキをいただきました。
妻のやまが、「こういう味のケーキ、豊橋で食べたことあるよねえ?なんていうお店だったっけ?」と言う。言われてみれば、確かに。でも、どのお店だったけ?二人でう~んう~んとしばらく考えて、妻が「あ、そうだ!ヌーメロドゥエのケーキに似てるんじゃない!?」

なるほど、確かに! サクサクした軽い食感や、フレッシュでシンプルなおいしさは、以前、山猫軒の隣で営業していた「ヌーメロドゥエ」の焼き菓子を思い出させてくれる味わいじゃん! それに気がついた瞬間、まるで大雨が降った後の川の流れのように、僕の中でいろんな思いが一気に流れていったみたいだった。

これは最高のお土産だよ、バンドー君。どうもご馳走さま。
東京に行ったときには、また連絡するね。
[PR]