ファンタジーのあるお店

うれしいことに、この日、お気に入りのお店がまた1つ増えました。

やわらかい味わいの、野菜料理のお店。1つ1つ吟味した素材。心に「ファンタジー」が広がる内装。料理とともに、物語を奏でる器。このお店には、夢がありました。物語がありました。そんな、素敵なお店でした。

このお店には、このブログを見てくださっているお姉様方と、4人で向かいました。
碧南の市役所で集合して、車で1時間ちょっと。名古屋市中村区の住宅街に、そのお店はありました。
c0205205_0111611.jpg
入り口。長く続くエントランス。ワクワクします。
c0205205_012888.jpg
部屋に入った瞬間、「わ~!」と歓声が上がります。なんて素敵な空間! ここでご飯をいただくんです。座席は6人掛けのテーブルが1卓のみ。そのため、このお店は昼1組、夜1組の限定です。
c0205205_015335.jpg
テーブルのすぐ隣り、暖簾の向こうが厨房です。まだ若い娘さんと、仕事を退職されたお母さんのお二人で、料理を作ってくださいます。ちなみに、お父さんは買い出し担当だそうです。でも、この買い出しの仕事、よく話を聞くと、とても大変ではないかと思いました。
c0205205_017513.jpg
僕はテーブルを見守っている、このゴリラがとても気に入りました。
c0205205_0185154.jpg
とてもいい表情。まっすぐにこちらを見つめるゴリラの瞳は、僕の心の中を見つめているよう。

お店に入ってからしばらくの間、4人とも椅子に座りもせずに、店内のあちこちを眺めては、カメラでパシャパシャ。さぞ、やかましい客だったことでしょう。お店のみなさん、ごめんなさいね~。

さて、料理です。
このお店は3日前までに予約が必要で、料理はおまかせコースしかありません。お昼は3500円~、夜は4500円~。この日は3500円の予算でお願いしました。出てきた料理は、こんな感じ。
c0205205_22405520.jpg
カトラリーの設えはこんな感じ。
c0205205_22412798.jpg
どうやら一品目はいつも、こんな感じのお顔になっているようです。かぼちゃまんじゅう。中にはクルミが入っていて、ほんのり、ゆずの香り。やわらかい印象の味わいで、おいしい。作り手の温かい気持ちが感じられて、一品目からワクワクしてくる。
c0205205_2246074.jpg
新生姜のご飯と、ナスの皮のきんぴら。ご飯は、この新生姜のご飯か、トウモロコシが入った玄米ご飯のどちらかを選ぶことができました。ご飯には、生姜がたっぷり。少しピリ辛のきんぴらと、よく合う。ご飯はおひつに入って出てきて、お代わりもたっぷり。
c0205205_2249249.jpg
とうもろこしのすり流し
c0205205_22495980.jpg
きゅうりと干椎茸の胡麻酢和え。椎茸は肉厚で、味もよくしみていて、うまい!
c0205205_22512143.jpg
ジョバンナさんのブルスケッタ。え~っと、ジョバンナさんって、どういう人だったっけ?忘れちゃいました。ごめん。ところで、このブルスケッタ。めっちゃうまいです。使っているオリーブオイルが、すごくまろやかでコクがある。そして、トマトとパン、それぞれの材料の風味が強いんです。香り、味わいともに角が丸くて嫌みが全くない上に、風味がしっかりと強い。これはうまかった。
c0205205_2314072.jpg
つるりん茄子。片栗粉で、表面をつるっとした舌触りにしてある。茄子にのっているカラシも程よい辛さで、おいしい。
c0205205_234430.jpg
僕の中では、この日のMVPはダントツでこれ!揚げ無花果の味噌だれ。ぎゅっと詰まった無花果の甘みと、ほんのり柚子風味のまろやかな味わいの西京味噌が、ものの見事に合う。無花果はもちろん皮ごと食べられます。これはうますぎる!
c0205205_6134730.jpg
デザート用のスプーンたち。スプーンの柄は、ペンギンとか雪山とか、涼しげなものばかり。
c0205205_616378.jpg
デザートはずんだ汁粉。真ん中に浮かんでいるのは、白いもちあわで作っているとのこと。ずんだは、ほんのり抹茶の風味。
c0205205_6172681.jpg
ブレンドティ。何の味だろ?よく分かりませんでした。

このお店の料理は、どれも口当たりがまろやか。
そして、素材が素晴らしい。食後に、料理を作ってくださった母娘さんとお話しましたが、素材は相当にこだわっています。買い出し担当のお父さんは、一体どこまで買い出しに行っているんでしょうか(笑)

そして、どの料理もやさしくて、あたたかい印象。
このお店の中で、感覚を澄ませていると、僕は胸がじーんとしてきて、涙があふれてきそうでした。それが気持ちよくて、僕は食事の合間に、何度もこのお店の空気感を味わっていました。
c0205205_6283182.jpg
お店から帰るときに、お母さんが、「エントランスの天井には蛍光石がちりばめてあるので、夜にも是非いらしてください。」とおっしゃってくださいました。うんうん、是非また行きますよん。

このお店にいると、子供の頃に読んだ絵本の世界に迷い込んだような気分です。空想力をかきたててくれるお店。みなさんも是非、童心に返って、このお店を楽しんでほしいな~とおもいます。

『つらなり森のレストラン』
名古屋市中村区鈍池町2-40
052-471-5085
※ 駐車場は1台分しかないので、乗り合わせで行きましょう
※ 希望すれば、名古屋駅から送迎してもらえます
※ 子連れもOKです
[PR]
by m-umaimon | 2010-07-26 22:47 | 名古屋市