なんでも手作りしちゃうイタリアンのお店

土曜日の夜。
この日も妻は仕事で不在。忙しいね~。

僕は前日に行った整体の影響か、一日中、身体がぼうっとして、いくらでも眠れる。お腹もすかなくて、ご飯もいらない感じ。こういう日は、ジャンクな食べものは、いつも以上に身体が受け付けない。別にご飯抜きでもいいけど、一口でも食べるなら・・・と思って向かったのが、安城市のデンパーク近くにあるイタリアン「ピアホルテ」。とても力強い素材の風味が楽しめるお店です。

夕方6時半頃にお店に着くと、あれ?店内の電気が半分消えてる?
営業しているか、ちょっと不安になったけど、いつもの店主がちゃんと出迎えてくれて、一安心。あ~、よかった。

メニューを眺めると、1800円のおすすめセットが、かなりお得な様子。
子供たちも、セットの中に「おにぎり」の文字を発見して、「これ!食べたい!」と大興奮。あとは辛いもの好きなお姉ちゃんが「ペペロンチーノ食べたい!」ということで、注文はあっという間に決まりました。・・・しかし、そんなに食べられるかな?

出てきた料理は、こんな感じ。
c0205205_7142068.jpg
さつまいものスープ。すっきりした味わいで、ジャガイモのスープかと思った。すっきりした中にも、程よい旨みがあって、おいしい。
c0205205_7152734.jpg
“自家栽培米”のおにぎり。そう、このお店はお米から自分で作っているのです。
c0205205_7162770.jpg
マリネサラダ
c0205205_7172260.jpg
ナスとパンチェッタのクリームソース。パスタは手打ち。未確認だけど、パンチェッタは自家製?うまし!
c0205205_717235.jpg
単品で注文したジェノベーゼのペペロンチーノ。麺はもっちりしていながら、程よいコシがあり、食感が楽しい。
c0205205_7202617.jpg
未確認だけど、このデザートも自家製?チョコレートケーキはすっきりした甘さでおいしい。
c0205205_721884.jpg
注文が入ってからハーブを摘んでくるというハーブティー。このお店のアフタードリンクは、僕はいつもこれ。


相変わらず、テンションが高い店主。厨房から鼻歌が聞こえてくる(笑)
料理を運んでくるときも、「おいしかった?この料理の○○も自家製だよ~!」と毎回、教えてくれる。人によっては、ちょっとうっとおしく感じるかも。楽しいから、僕は気にならないけどね。

このお店ではお米や野菜、ハーブを無農薬で自ら栽培しているそうです。また、手打ちパスタをはじめ、パンやデザート、マヨネーズやジャムにいたるまで、提供する料理も出来る限り、手作りしているそう。

このお店の野菜は、力強いというよりも、奔放に育った野性的な風味。以前、このお店で食べたルッコラは、まるで違う野菜のようでした。

料理の味わいは、舌に残る不快感や、鼻につく嫌な香りが全くなく、後味がとてもスッキリしています。子供たちが食べきれなかった、たくさんの料理は(やっぱり食べきれなかった^^;)僕がいただきましたが、お腹がすいていなくても、ちゃんと食べることができました。やっぱり、このお店にしてよかった~

ここはちょっとクセがあるお店ですが、僕は大好き。力強い素材の味が好きな方や、化学的な味が苦手という方は、是非足を運んでみてください。
c0205205_737513.jpg

[PR]
by m-umaimon | 2010-07-15 07:20 | 安城市