愛情パン

我が家では毎週、僕の地元碧南市にある喫茶「むぎの家」で、食パンを頼んでいます。この日は他のパンが食べたくなって、久しぶりにパン工房の方へ行ってみました。
c0205205_21155359.jpg

ちょうど12時頃に伺ったら、店内の狭い販売スペースにお客さんがあふれかえっていて、入口の外にまで並んでいました。繁盛してますね^^

お店の奥にあるテラス席でパンをいただこうと思ったら、この日は「寒いので席の用意をしていません」とのこと。そりゃそうだよね~^^; じゃあ持って帰って食べよう!ということで、選んだのはこんなパンたち。
c0205205_2124973.jpg
小松菜とアーモンドのチーズパン
c0205205_2125386.jpg
白イチジクとクルミのパン
c0205205_21253225.jpg
全粒ブルーベリーのパン(だったかな?)
c0205205_21254790.jpg
雑穀あんパン
c0205205_2126192.jpg
あんパンを半分に切ったところ

パンの品揃えは、あんこやクリームなど、甘系のフィリングが入ったものが多い。やさしい焼き色をした、素朴な表情のパン。

フィリングは優しい味で、生地とよく合っている。うまいね~
・・・というより、なんだかあったかい感じがするな~。

お腹のそこから、やわらかい響きが全身に広がっていって、暖かいものに身体が包まれているような感覚。これは、お母さんの愛情だね~。

オーガニックな料理を出すお店には、作り手の厳しい感情が伝わってくるお店も少なくない。このお店も素材にこだわっているけど、パンからは気負ったところが少なく、ナチュラルな印象を受ける。「身体にいいものを使うのは、自然なことだよ」っていう姿勢が伝わってくるよ。

お母さんが、子供たち(つまり、パンを買いに来てくれるお客さん)に、たっぷりの愛情を込めて作ったパンという感じ。いいですね~。もう少し暖かくなったら、今度こそテラス席でいただこっと。
[PR]
by m-umaimon | 2010-02-18 21:47 | 碧南市