デートで行くなら、こんなカフェ

カフェ好きな方々からオススメされていた、岡崎市の「mado cafe」へ、妻とモーニングしてきました。

岡崎市南部の のどかな住宅街に、素朴なレトロ感と、さりげなく手入れされたお庭が目に留まる、しゃれた建物。看板がないので、お店の建物写真を見たことがなければ、通り過ぎるところでした。
c0205205_10192863.jpg
c0205205_10194047.jpg

店内も、とてもしゃれています。
内装やインテリア、小物にいたるまで、店内の隅々まで、こだわりが感じられます。
座席はカウンター席はなく、テーブル席が5~6卓。

さて、モーニングは、ドリンクを注文すると、ミニパンとミニサラダがついてきます。
僕は追加で、焼き野菜のサラダと、エッグトーストも注文しました。
c0205205_10252091.jpg
黒糖ジンジャーミルク。かき混ぜる木製のスプーンと、ガラスの小瓶が、かわいらしい。
c0205205_10255419.jpg
モーニングについてくる、ミニパンとサラダ。思ったよりボリュームがありました。
c0205205_10253346.jpg
追加で注文した、焼き野菜のサラダ
c0205205_102673.jpg
エッグトースト。トーストの真ん中がくりぬかれて、そこに半熟に焼いた卵が収まっています。
c0205205_10261924.jpg

トーストの耳のはじっこには、「mado」の焼き印。やはり、細部にまでこだわりが。

こういった素朴なレトロ感で統一した、しゃれたカフェは多いけど、ここまでこだわり抜いたお店は三河ではお目にかかったことがありません。独身の男の子たちは、デートで彼女をこういうお店に連れて行くと、きっと喜ばれると思いますよ^^
[PR]
by m-umaimon | 2010-02-06 18:48 | 岡崎市