小麦の香りに誘われて

近頃、パンマニアな方々のブログを訪れるようになって、むしょーにおいしいパンが食べたくなっていました。

そんな中、先日長久手町を訪れたときに寄ったのが、パン工房「麗(うらら)」さん。店名が「ボンナ」だった時に2度訪れていたけど、店名が「麗(うらら)」に変わってからは初めての訪店。
c0205205_21331668.jpg

外観も内装も、お店の看板を掛け替えただけで、後は一見、以前と同じ。
でも、パンの品揃えは少し変わったみたい。品揃えを絞り、サンドイッチをやめ、シンプルなパンの比率が増えた印象。僕はこのお店のサンドイッチが大好きだったので、サンドイッチをやめちゃったのは、残念だなあ。

お会計の時、店主に、「店名が変わりましたけど、何か意味があるんですか?」と聞いてみたところ、「特に意味なんてない。」とのそっけないお返事。あらら。とりあえず、買ったのはこんなパンたち。
c0205205_2139112.jpg
c0205205_2139321.jpg
c0205205_21394217.jpg

c0205205_21392227.jpg
c0205205_21395326.jpg
c0205205_21401970.jpg
c0205205_21403262.jpg


このお店はやっぱり、シンプルなパンより、惣菜パンやデニッシュ系が好み。
特においしかったのは、ピッツアと、ラズベリーのデニッシュ。どちらも本当にウマウマ!

素材に関しては、悪くはないものの、決して最高!という訳じゃない。
でも、生地もフィリング(具材)も、どれもが同じくらいのおいしさで、しかもバランス感がいい。
1+1が、2になるとは限らないのが料理の世界。でもこのお店は、1+1を3にしているよ。
店主のセンスと真面目さが、生地と具材の味わいをうま~く一体化させている感じ。

やっぱり、サンドイッチ復活して欲しいな~
[PR]
by m-umaimon | 2010-02-03 21:40 | 長久手町