支那そばや再び

仕事で、神奈川県藤沢市へ出張してきました。
一通り仕事が終わり、夜の宴会も済んでお開きになった時間は、19時半。
なんと、まだ宵の口ではないですか。おとなしくホテルで寝てしまうのはもったいない。
ほろ酔い気分のまま、1人で賑やかな駅前へ繰り出すことにしました。

藤沢市の駅前は、なかなか魅力的。
駅前のロータリーから放射線状に広がってゆく道の両脇には、こじんまりした、おもしろそうな飲食店が建ち並んでいます。藤沢市内のおいしそうなお店は、ネットであらかじめ何軒か調べていたんだけど、道を歩いていると、おもしろそうなお店が多くて目移りしちゃいます。

そんな中、まず向かったのが、藤沢駅から徒歩5分ほどの場所ながら、車が入れないような細い路地にたたずむ、「ら塾」というラーメン屋さん。ここはラーメンの鬼として有名な、佐野実さんの「支那そばや」(現在は閉店)で働いていた方が開いたお店。

ほろ酔い気分でいろいろ考えたけど、やっぱここは外せんわ。

藤沢市の「支那そばや」には、もう8年近く前に、お友達のペロ吉さんとtannarさんの3人で出かけたんだ。すっげえ朝早くに愛知を出発して、3人とも朝ご飯食べずにお腹すかせながら、本当に楽しみにしてお店に向かったのに・・・・

臨時休業で振られちゃったんです(大泣)

も~、あん時は本当にショックだった。

その「支那そばや」の流れをくむお店で、しかも同じ藤沢市。こりゃ、やっぱ外せないよね。

前振りが長くなっちゃったけど、頼んだのは、塩ラーメン。830円。う、さすがにいい値段しますなー。
c0205205_0301013.jpg

でも見てよ、この透き通ったきれいなスープ!
懐かしい~!間違いなく、「支那そばや」のラーメンだ~!

スープを一口。
うん、さっぱりしているけど、うまい。

それと、ラーメン博物館で「支那そばや」に行った時も思ったけど、支那そばやは具がうまい。
チャーシューはほろほろ、メンマは程よい歯応えが残っていて、とてもおいしい。

でも、スープを飲みすすめていくうちに、だんだん物足りない気がしてきた。
焦がしニンニクのインパクトはあるんだけど、旨みがもう少し欲しい感じ。

そこで、舌のギアをシフトアップ。
神経を集中して味わってみると、スープに溶けこんだ細かい塩の粒を、鶏と野菜のやわらかい旨みが包みこんでいる感じ。それが優しく、控えめに、ぷちんぷちんと舌に当たってくる。

あ~、この感じ。
やっぱ、ここは「支那そばや」だわ。

8年たって、ようやく藤沢市で食べることが出来た、「支那そばや」の味。
そのシチュエーションに、ニコニコ。いい気分でした^^
c0205205_047073.jpg

ちなみにその後、「ノカ テーブル」というお店で、お酒を少し。
このお店も、本当にいいお店でした。機会があれば(もうない可能性が高いけど)、1軒目からゆっくりお邪魔したいお店でした。
[PR]