馴染みのカフェ

お昼から、妻と2人で知立市の「カフェ ペタル」へ行く。

このお店に出会ってから、もう8年くらいになる。
オーナーのシナコさんは、妻が学生時代にアルバイトしていた職場の先輩というご縁もあり、一時期は毎週のように通ってた。僕も妻も本が好きなので、「ペタル」と、近くにある大きな本屋の「正文館」をセットにして、毎週のように行ってたのは、もう、本当に懐かしい思い出。

子供が大きくなって、習い事に通うようになってからは、以前のように行けなくなっちゃったけど、このお店は僕ら家族がたくさんの時間を過ごしてきた、いろんな思い出があるお店なんだ。

今日は妻と2人で、のんびりお出かけさせてもらった。
昨日、たくさんお酒を飲んだ僕は珈琲気分じゃなくて、「ミルクティー」と、「あかねりんごのマフィン」。
c0205205_22524943.jpg
c0205205_2253443.jpg

久しぶりに食べたペタルのケーキは、やっぱりおいしい。
ペタルのケーキは、ルックスがかわいらしくて、ふんわりとした雰囲気と、人の温もりを感じさせる。
でも、おいしさには“スキ”がなくて、ケーキを作る行程ひとつひとつを、きちんとやっているんだろうなあと思う。食べると、やさしくて、きれいな味がする。この味が、僕はすごく好きなんだ~。

軽い食べ心地なので、マフィンはペロリ。それからショートケーキも追加注文。でも、こちらもすぐに、ペロリ。
c0205205_2354923.jpg


僕がペタルを気に入っているのは、この味が好みということの他に、もう1つ、お店の目の前に、公園があるっているのも大きい。ペタルの窓から公園をぼ~っと眺めたり、子供たちとこの公園で遊んだり。
c0205205_2313887.jpg


オーナーのシナコさんは、「ペタルは、お店(の建物)と、料理と、わたしと、お店の景色で出来ている。」というようなことを言っていたけど(もうちょっと謙虚な言い方で)、僕も本当に、そう思うよ。 ペタルは、僕ら家族にとって、本当に、大切なお店の1つです。これからも、よろしくお願いします、シナコさん。
c0205205_23224414.jpg

[PR]
by m-umaimon | 2009-10-25 22:53 | 知立市