気分はどっちのイタリアン?

雑誌「ケリー」の最新号見ました?
長久手、日進、瀬戸特集。

オシャレで、うまそうなお店がたくさん紹介されていましたね~。
その中でも、料理の写真がとびっきりおいしそうに写っていたのが、日進市のイタリアン「フルッターレ」。パスタがアップで写っていた、あの写真!ちょ~うまそうに写っていて、破壊力満点!ちょうど長久手に来ていたので、夜に1人でお邪魔してきました。

実はこのお店の場所は、同じイタリアンの名店「Waina」と目と鼻の先!こんな近くに、同じイタリアン?挑戦的とも言えるこの立地に、「フルッターレ」への興味は高まります。

お店の方に伺ったところ、開店して1年くらいだそうです。
店内は白色と、肌色の木目の組み合わせで、ナチュラルで、清潔感あふれる内装。
僕はカウンターに座りましたが、まだ木の香りがほのかに感じられました。木の香りっていいね~。気持ちが和みます。

さて、夜のコースは2400円と気軽な価格設定のコースが1本。ワインも手頃な価格設定。
でも1品1500円前後の価格帯で、アラカルトがとても充実しています。僕はアラカルトで注文しました。いただいた料理はこんな感じ。
c0205205_10495458.jpg
c0205205_1050761.jpg
c0205205_10501811.jpg
c0205205_10502879.jpg
c0205205_1050383.jpg


パスタは、ケリーに写っていたものと同じ、「和牛のたっぷり玉葱煮込み 自家製ピーチ(ピーチは麺の名前)」。ケリーの写真の方が、10倍おいしそうに写ってます。さすがプロですね~。

料理を食べてみて分かったけど、「Waina」とは料理の方向性が全然違います。
「Waina」は野菜を中心に素材重視で、シンプル・さっぱり目な味付けなのに対して、このお店は塩っ気と旨みが強くて、ワインが進む味付け。こりゃ、いいね。「今日はどちらのお店にしよう?」って、気分次第で、同じイタリアンのお店を使い分けられちゃうんだから。日進市民がうらやましいぜ~!

「フルッターレ」はカジュアルな雰囲気の中で、手頃な値段で、本格的なイタリアンを楽しめちゃうお店。このお店に来るときは、酒を飲める体制で来たいですねー。ワインがぶがぶ飲みながら、食べたい料理が目白押しでした。

さっぱり派の僕としては、味付けは好みとは少し違いましたが、接客や料理から、お店の方の熱心さがとてもよく伝わってきました。日進市でイタリアンを食べるときは、「Waina」と「フルッターレ」と選択肢が出来て、悩む楽しみができました。
c0205205_11122599.jpg

[PR]
by m-umaimon | 2009-09-27 10:50 | 日進市