お店の歴史

c0205205_0202350.jpg

豊橋市の新名所「アークリッシュ豊橋」
ここのレストランはちょっと、興味があるなあ。

この日は夜から、お友達のペロ吉さんのオフ会。
と、その前に、早めに豊橋入りして、楽しんできました。

まずは久しぶりに、イタリアンの「フラスカティ」にお邪魔してきました。

このお店に初めてお邪魔したのは、もう10年以上前。
当時は、現在とは違う場所で営業していました。初めて「フラスカティ」の料理をいただいた時の衝撃は、今でもよく覚えています。

「な、なんじゃこりゃ~!!!めちゃめちゃうまいじゃん!!!」

イタリアンといえば、チェーン展開しているカジュアルなパスタ屋さんやピザ屋さんに行くことが多かった僕にとって、「フラスカティ」の料理は衝撃のウマサでした。以来、とってもお気に入りのお店となり、2~3度訪店したところで、お店は現在の場所に移転。

移転直後はカフェ営業もしていて、レストランとしても現在とは違ったコンセプトでの営業であったと思います。その頃にお邪魔したところ、「あれれ?どうしちゃったの?」という味になっていました。以来、ずっとご無沙汰していたのですが、約8年ぶりに再訪。いただいた料理はこんな感じ。
c0205205_0204385.jpg

c0205205_0205765.jpg

c0205205_0211689.jpg

c0205205_0213231.jpg

c0205205_0215688.jpg


いやいや、とてもおいしかったです。
地元三河ならでは食材も使い、野趣に富んだおおらかな味わいと、繊細な味わいが混じり合ったおいしさ。
イタリアンならでは醍醐味を感じさせる料理でした。特に、魚料理の火の入れ方は絶妙!でした。

現在のお店の味は、移転前の味とも、移転直後の味とも違うと思います。
つくづく、「お店は生き物だなあ。」と感じました。
そんなお店の歴史を思い浮かべながら、おいしいイタリアンを満喫しました。どうもごちそうさまでした。
[PR]
by m-umaimon | 2009-09-20 00:25 | 豊橋市